晴れた日なのに寒い一日…

このところ、一晩7時間の睡眠を続ける亭主の朝は、日の出と共にpekoの散歩。蕎麦屋の前の畑には今朝も真っ白な霜が降りているのでした。月の終わりの一日とあってか、蕎麦屋の前の市道も大きなトラックが走って大分混雑している様子。信号がないからと抜け道に利用する運転手が最近とみに増えた感じです。蕎麦屋や周辺の自然にとって好いのか悪いのか、世の中の下流志向は、こんな所にも現れている。田舎道を歩く人たちの安全は守られるのか。

自宅の玄関前にバラの花が一輪咲いている。何年も前に、確か、長女が女将へのプレゼントで送ってくれたものだけれど、日当たりのいい縁台の特等席に置かれた鉢で、毎年のように花を付けるから偉い。バラの花びらの綺麗に開くのはやはり遺伝なのだろうか。人間の性格や性情は、遺伝というわけにはいかないのだろうから、きっと、育った環境によって良くも悪くもなるのだろう。いつも好ましい環境作りをしようとする生活スタイルが子にも受け継がれるはず。

お袋様と恒例の仕入れに出かけて、そのまま蕎麦屋で仕込みに入る亭主は、大量のかつお節のふりかけ作りに辟易しながらも、出汁を取って蕎麦汁や天つゆの仕込みにかかる。その合間に、柚子の皮を剥いで、なた漬けの準備に余念がない。昨日のうちに塩で揉んで押し浸けしておいた大根の水気を絞り、柚子の皮の千切りと京唐辛子の輪切りを合わせて、酒粕を加えて砂糖で味付けをする。これで一晩経てば美味しいなた漬けが出来上がるから楽しみ。

なた漬けの大根の形を長さ7cmの1cm角に切りそろえるのが最近の工夫。食べたときにしんなりとした大根の繊維がカリッとした食感を残すから、柚子の香りと唐辛子のピリ辛と塩と砂糖の味が相俟って、何とも美味しい漬け物が出来上がるのです。発酵食品の酒粕の麹が効いているから、一段と旨味が増すというもの。大根一本をまるまる漬けて、二日でなくなってしまうから、手間を惜しまずに作る事の大切さをつくづくと噛みしめる。酒の肴にも最高なのです。

昼は自宅に戻って、亭主が野菜たっぷりのあんかけラーメンと焼き餃子を作って、女将と二人で身体を温める。北風が吹いているせいか、晴れていたのに日中も気温が上がらないので寒く感じるのです。甘えん坊のpekoを膝に載せて一休みしたら、亭主は再び蕎麦屋へ出掛けていく。午後の仕込みは、天麩羅の具材の仕込みとふりかけ作りで、夜の防犯パトロールの時刻に間に合うようにという縛りがあるので、今日はプールへは出掛けられないかも知れない。

先週、一回作らなかったら、毎日のように取る出汁のかつお節が溜まってしまった。あまりにもその量が多いから、今日はフードプロセッサーを使って粉々にしてから乾燥させる。それでも更に細かくするのには、掌で揉んだりストレイナーで漉したりと手間のかかることこの上なし。その間に白あん作りの下準備に白インゲン豆を水に浸して、いよいよ白餡づくりに挑戦する予定。金柑の甘露煮を白餡で包み、求肥でこれを包めば、霊犀亭のデザート作りも一皮剥ける。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.