女将のスマホデビューの日…

昨夜もばっちり7時間睡眠。長い時間を眠れるようになったのは、プールに出掛けた日も風呂に入るようになったからかも知れない。身体を洗わなくても湯船で暖まるだけで、もう眠くなるのが自然の力。眠りの中では夢も見ない日々が続いているのは、日中、ひたすら夢見る生活ばかりをしているからか、健康にはいいのに違いないから、今朝もpekoを連れて蕎麦屋で一仕事。亭主の今日の活動予定は、まずは床屋へ行って白髪が目立つ髪を刈り上げてくること。

久しぶりに床屋の親爺様と四方山話をして、本日の次の予定は、女将を連れて隣町のドコモショップへ出掛けることなのでした。年間を通したら亭主よりも都内に出掛ける回数の多い女将の頼みの綱は、携帯にチャージしているスイカの電車乗車券。これが、20年近く使った古い携帯だからソフトのバージョンアップに耐えきれなかったので、家で使っている彼女のタブレットの移動型ルーターを解約する条件で、スマホに変えようというのが亭主の提案なのでした。

ショップの窓口のお姉さんが、年寄り夫婦には殊に親切だったのが、今日一番の爽やかな体験。亭主は、まずは電話を取る方法だけ教えて上げてと頼んだのですが、調子に乗った女将は、「他に何かご質問がありますか」と言われて、ちゃっかり「目覚ましの設定をして欲しい」と、余計なことまでお願いしたけれど、気持ちよく応じてくれたから本当に有り難かったのです。向こう二年間は取りあえず月々700円という値段だから、これならば替えてよかったか…。

帰りに魚屋スーパーに寄って、女将は夕食のおかずを亭主は蕎麦屋の仕入れを済ませて、昼食には二人でフカヒレラーメンと店で作った餃子と洒落てみました。食休みに女将のスマホにスイカの設定をしようと亭主が苦戦していたら、もう電池切れだったので、今日できる仕込みを済ませておこうと蕎麦屋へ出掛けるのでした。野菜の収納保存を終え、大根のなた漬けを作る準備に塩もみ大根を漬け、小鉢の切り干し大根を煮付けながら、ふりかけ作りを開始する。

夕食には新鮮な鰯の刺身と大根と干イカの煮付け、そして、店で残った厚揚げ田楽を美味しくいただいて、亭主はパソコンで色々と調べながら、再び女将のスマホにアプリをダウンロードする努力をしたのですが、どうも以前とは何かが違うので、サポートセンターに電話をすれば、工場出荷時に機能の付いていない機種もあるのだとか。結局、センターのお姉さんの案内でスマホを操作して、無事にダウロードできたのでした。時代の流れについて行けない夫婦…。

それでも最低限の便利な機能は使いこなさなければいけないだろうと、とうとう半日を費やしたことになる。たまには頭の体操で最新の機械をいじってみるのも楽しいものですが、自分の携帯はまだまだガラパゴス。スマホの文字は小さすぎて読みにくいし、拡大しても全体は見られないのが玉に瑕。果たして、クリスマスプレゼントの女将スマホデビューは無事にスタートできるか楽しみなのです。年賀状や寒中見舞いの印刷を始めた夜。そろそろ年の瀬の準備です。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.