蕎麦屋の窓から…

昨夜もほぼ8時間の睡眠をとった亭主は、今朝は女将が家を出た後にゆっくりと蕎麦屋へ出掛けるのでした。昨日の夕刻に今日の分の蕎麦は打ってあるし、蕎麦豆腐も仕込んであるから、小鉢のお新香を糠床からだして、野菜サラダと天麩羅の具材を刻むだけで開店の準備は終わり。厨房の椅子に座ってコーヒーを飲みながら窓の外を眺める。毎日毎日、この窓の外を眺めてはつらつらとものを思う生活を続けて、今日で11月も最後の営業日となるのでした。

蕎麦屋の向かいに広がる畑と森は、季節が移り変わる度に違った農作物が育てられ、木々の葉がその表情を変えていくから、眺めていて本当に飽きない風景なのです。雉の親子が畑を歩いていたり、鴉が飛んできたり、赤とんぼが群れをなしていたかと思えば、それぞれに地味な紅葉をしてこの季節を迎えている。いつも蕎麦屋の窓から外の景色を眺める亭主は、日々の仕事をしながらも、自分が自然の一部にでもなったような気がして、夢見る気分なのです。

今日は開店の20分前にもうリピーターの女性客がいらって、天せいろのご注文だったから、「お湯は沸いているんですが、油がまだ温まっていなくて…」と言えば、「時間はかかっても好いんですよ」と、平気な調子でゆっくりと腰を据えて寛ぐ様子。以前は開店の時刻までは外で待ってもらったのですが、段々とそんなに形式張らなくってもいいと、店の中に入って頂くようになった。それでも、準備が終わっていないときには、少しだけはお待ち頂いているのです。

南の奥座敷から、送電線の上で作業をしている人の姿が見えたので、急いでカメラを取りに行く亭主。厨房に戻って「高さは100mもあるというのにねぇ」とお客様と話をすれば、お客のいるテーブルの西の窓からも見えるようで、「高所恐怖症の人なら大変よ」と言う話になる。のんびりとした真昼時。お客の数は少なかったので、小一時間もお二人でしゃべってお帰りになる。客のいない間にスタッフと食べる賄い飯のぶっかけ蕎麦も、今日は味わって食う暇があった。

閉店間際にいらっしてカウンターに座られたご夫婦もリピーターの方で、席に着くなり、ご主人が鍋焼きうどんと言うものだから、「あなた蕎麦屋に来てお蕎麦を食べないの」と奥様が言うのでしたが、外は思ったよりも寒いらしい。「大丈夫ですよ。うどんも美味しいですから」と、亭主が助け船を出す。奥様のランチメニューのデザートには暖まるお汁粉を出して差し上げたのです。窓の外は西から青空が広がり、薄日も差してきた午後。静かな店内にはは閑古鳥の声。

やっと蕎麦屋を閉めて家に戻る頃、家の前の送電線の鉄塔に、先ほどの作業員がたどり着いていました。あの高さを何時間かかけて300mは移動したことになる。いったいどんな作業をしているのだろうかと、好奇心が満ち溢れてくるのでした。夕刻のプールでひと泳ぎしたら、今日は早めに女将と夕食にする。明日と明後日はやっと二日続けての定休日。まずは床屋に出掛けて親爺様の顔でも見てこよう。年の瀬を前に店の仕事は溜まりに溜まっているのですが…。

This entry was posted in 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.