カウンターに座るお客は…

昨夜は10時過ぎに料理雑誌を読みながら床に就いたのは覚えているのですが、それが果たして何時だったのかは判らない。朝は6時に目が覚めて、6時半にはpekoの散歩に出掛けた亭主。最近は7時間以上は続けて眠れるようになったから、健康にいいには違いないと密かに嬉しくなっている。リードを引く手が寒いからと手袋をして出掛けたのは覚えているのですけれど、果たして蕎麦屋の西の階段を登れば、一面に霜の降りた畑が広がっているのでした。

蕎麦屋に着く頃に、やっと東の森の向こうに太陽が昇ってくる日の出に元気をもらうひととき。幟を出してカウンターに干した嵐物を片付けてpekoと一緒に蕎麦屋を出ると、待たせていた腹いせにかぐいぐいとリードを引いていく。10歳を過ぎたこんな小さな犬なのに、随分と力があるから驚くばかり。それでも、横断歩道を渡る術は心得ているらしく、早朝で車も通らないからと斜め横断で車道を歩いて行こうとする亭主を歩道へと引っ張っていくから不思議なのです。

女将の朝ドラタイムに洗面を済ませ、蕎麦屋に向かって出汁取りを始めたのはいいのだけれど、まだ、頭が目覚めていないのか、火口を5つも使って同時に作業を始めたものだから、大鍋に水道の蛇腹に伸びる蛇口で水を入れていたのが、水が溢れてさあ大変。これまでにも何度か失敗しているのに、またしても水をこぼしてしまったのでした。レンジ周りや下の物入れや床まで水浸しだから、後片付けに時間を取られ、蕎麦打ちを始める時間が遅くなったのです。

それでも、蕎麦打ちを始めれば心は平常心。今日も1kg11人分の蕎麦を打ち、打ち粉も少なく廃棄率は3%の46gだから、まずまずの成功と言えるか。土曜とは言っても、最近は去年の半分のお客しか来ていない現状だから、あえて蕎麦打ちは一回で済ませている。昼の分だけ間に合えば、足りないときには夜の分は追い打ちをかけた方が効率的なのです。この一回きりの蕎麦打ちというのが、実は腕を磨くチャンスで、二の矢を持たないの例え通り集中できる。

朝のハプニングのお蔭で、開店間際の準備の忙しさに、女将に「今日はいらいらしている」と言われたのが玉に瑕。暖簾を出してすぐにいらっしたお客がせいろのご注文だからよかったものの、サラダの具材の包丁切りがまだ終わっていなかった。カウンターに座って、せいろ蕎麦を注文なさるお客を同業者ではないかなどとまじまじと観察して、早速、今日一番の自信作を茹でて差し上げるのでしたが、蕎麦好きの方らしくいろいろと蕎麦の話をお聞きになるのでした。

昼過ぎにいらっした若いご夫婦は、窓際のテーブル席を勧めたのに何故かカウンターの、しかも厨房にいる亭主の真ん前にお座りになるリピーターさん。ご注文も確か前回と同じ天麩羅蕎麦と鴨せいろだから、火口が足りなくて苦労をしました。客側からすれば二つの注文なのですが、調理する側からすれば鴨せいろと天麩羅蕎麦の汁を温める火口と天麩羅を揚げる火口、そして鴨肉を焼く火口と四つの火口が必要なのですが、レンジは三つだから時間がかかる。

それでも、カウンターに座るくらいだからやはり亭主との会話を楽しんでいる風で、カウンターに見本で置いてあるお酒の種類について尋ねてくれたり、お客が上から目線で好きな事を言う店屋でのコンビニ症候群の話とか、いろいろと話をして帰られたから楽しかった。蕎麦好きの若いお客は有り難い存在だと直感的に思う亭主も、ついつい長話。また来てくれると好いけれど、オープンカウンターの好さはお客と気軽に話が出来るところだから、生かしていきたい…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.