雪の日の翌日は快晴で小春日和…

料理雑誌の一ページを読んで、求肥(ぎゅうひ)や白漉し餡(しろこしあん)の作り方を調べ始めたら、昨夜は寝るのが11時になってしまった。そろそろ庭の金柑も黄色くなる季節だから、女将の作る甘露煮を白漉し餡と求肥で包んだら、素敵なデザートになるのではないかと以前から思っていたのでした。空は澄んで青くても雪が残って凍えるような朝なのに、待ちに待った散歩に欣喜雀躍のpekoは、凍った地面も何のそのと一目散に蕎麦方面に向かうのでした。

pekoを玄関前に待たせたまま、7時前に幟を出して、『今日も元気で蕎麦屋は営業しますよ』と、通る人にアッピールしているつもりだけれど、外はまるで出冷蔵庫の寒さだから通る人など誰もいない。三日目の蕎麦を茹でてスルスルスルッと朝飯を済ませたら、今朝も早めに準備をして蕎麦屋へ出掛ける亭主。昨日よりも確実に寒い朝だから、果たして客は来るものなのかと思いながら、米を研ぎ、コーヒーを一杯飲んだら、いよいよ蕎麦打ち室に入って一仕事です。

湿度は40%とだいぶ乾燥していたので、加水率40%強では少し水が足りなかったか、新蕎麦だけれどちょっと硬めの生地を力任せに捏ねていけば、ちょうどいいコシのある仕上がり。身体が暖まって思わず店内の暖房を止めるのでした。一人分が切りベラ23本でぴったり130g強。最近はほとんど失敗がないのが嬉しいのでしたが、やはり硬く打った分だけ量が取れずに、10人分と80gほどしか蕎麦が取れなかった。それでも平日の今日は十分だろうと判断…。

外を見渡せば、陽の光に照らされて雪に埋もれた向かいの畑がまぶしいほどの輝きです。思わず表に出てカメラのシャッターを切る。54年ぶりだという11月の雪景色は紅葉の森と青空に映えていました。サラダの具材を切って皿に盛れば、もう開店の準備か整うから、大鍋のお湯を沸騰させたまま奥の座敷に入ってしばしの休憩です。と、11時だというのに店に誰か来た気配だから、業者でも来たのかと出てみれば、石垣島で世話になる海メロの船長のご来店…。

来る時には連絡をくれると言っていたのに、例によって突然の来店なのでしたが、今日は開店の準備が済んでいたから、すぐに注文の蕎麦をお出しする。この寒さの中をよくぞいらっしてくださった。先月、島でお世話になったばかりだけれど、海と陸とでは話題も違うのです。暖簾を出したらすぐにカウンターに、ご新規のお客さんがいらっして天丼とせいろのセットのご注文。話をしながら手を休める暇もなく、ゆっくりして頂けたでしょうか。今日はその後もお客が続く。

寒い日だというのに、皆さん蕎麦好きのお客さんばかりだったから、天せいろやせいろの大盛りが随分と出たのです。半数以上はご近所の常連さんで、雪の降った翌日に来て下さるというのも、なかなか風情があるのでした。ご主人が入院しているはずの近所の小母さんが娘さんと一緒にいらっしたから、どうしたのかと思ったら、手術が延期になったとかで、久々に蕎麦を食べて行かれた。新蕎麦と大根のなた漬けが美味いと褒められて、作り方を教えて差し上げた。

お客の途絶えた隙に、かき揚げを揚げて、スタッフとぶっかけ蕎麦を食べて一休み。三日目の蕎麦はお客出せないから、こうやってていのいい廃棄をしているのです。それでも、しっかりと打てた蕎麦だから、今朝打った蕎麦よりもかえって麺が締まって遜色なしなのは凄い。これも新蕎麦の威力なのだろうか。冷蔵庫に長く入れて置いたから、茹で時間を多少長めにして、よく洗って氷で締めたら、コシのある美味しい蕎麦の出来上がり。生姜の香りが何とも言えない。

閉店間際にもお客がいらっして、今日二度目の天丼セット。今朝作った味噌汁が捌けてスタッフも一安心。そう言えば、今日はサラダも蕎麦豆腐も全部でたから気持ちがいい。もう、新しい蕎麦豆腐は仕込んであるから、明日の分は大丈夫。後は出汁を取る準備をして、洗い物と片付けを済ませて店を出る遅い午後。夕刻のプール練習の帰りに、今日は久しぶりにトンカツを買って帰って夕食に女将と食べる。店が混んでいたと思ったら、今日は給料日の金曜日…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.