雪にも負けず…

目覚めた朝方には『なんだ雪じゃないのか』と思ったのだけれど、時雨れているからとpekoの散歩は中止にしました。『この寒さでは今日はお客も来ないだろう』と、朝食を食べ終えて一休みしながら、女将の朝ドラをよそに居間でストーブの前でテレビ映画を見終えたら、もう蕎麦屋に行く時刻。洗面をしている間に女将が出掛けたのも気が付かずに、玄関の鍵をかけずに亭主も出てしまったから、後で気づいて開店前にもう一度家に戻って戸締まりをするはめに…。

自宅の瓦が飛んだ台風の日にも営業をした霊犀亭だから、雪ぐらいでは店を閉めるはずもなく、向かいの畑や店の駐車場にみるみる雪が積もってきたというのに、幟を立てていよいよ開店準備。それにしても11月に初雪とは、経験のないことだから、雪かきの道具なども店にはまだ置いていない。仕方がないから、奥座敷の押し入れからセットで購入した小鉢の大きめの木箱の蓋を取り出して、せっせと駐車場の雪かきを始めたら、身体が温まることこの上なしです。

昨日打った蕎麦が随分と沢山あったから、今日は蕎麦は打たないことにした分、蕎麦豆腐を仕込んだり、蕎麦饅頭を蒸かしたり、開店前にやることは色々とあるのでした。サラダの具材を刻む段になって、さすがに今日は冷たいサラダは出ないだろうと、申しわけ程度に二皿だけ野菜を盛り付けて、後はいつでも持ち帰れるようにタッパに入れて保存しておく。温かい蕎麦の汁を温めて、天麩羅の具材と天ぷら粉の入った容器を並べ、いよいよ開店の時刻になる。

外は目の前が見えなくなるほど大降りの雪。『こんな日に来る客がいたら大サービスなんだけれどな』と、半分諦めて、スタッフと食べる賄い飯の準備を始める亭主。おろしたてのごま油で丁寧にかき揚げを揚げれば、いつもよりずっと綺麗な色に仕上がるから嬉しい。油はやはり新しい方が天麩羅も揚げやすい。天せいろが多く出る時には、油もすぐになくなるから、2、3日で新しい油に換えることもある。あとは、毎日、油入れで漉して冷暗所で保管しておくのです。

車止めまで車が入れるようにと、さっき雪かきをしたばかりの駐車場には、もう雪が降り積もっているから、相当な量が降っている。これでは今日は仕事にならないだろうと、スタッフと二人で店内やトイレの換気扇の掃除を始める。普段は出来ない仕事をこういう時にしておくのが時間を無駄にしないということ。それでも閉店まではまだ随分と時間があったから、今度は、昨夜プールの帰りに買ってきたサワラの切り身を取り出し、白味噌と酒と味醂で西京漬けにする。

お客が来ない日でも、蕎麦屋で仕事をするのが日常になっているから、規則正しい生活が送れているのかも知れない。特に、厨房で調理をするのは、手早さと段取りを考える思考力が必要だから、頭の体操には持って来いでしょう。こんな雪の日に家にいたら、昼間から酒でも飲んでだらだらとテレビ映画を見ているに違いないのです。蕎麦屋のもみじも一段と色濃く染まり、今日の真っ白な雪をかぶって何処か風情がある。今夜も相当に冷えそうな雪の降り様…。

 

This entry was posted in 季節, 日常, 未分類. Bookmark the permalink.