祝日営業の一日は…

いつもは定休の水曜日なのでしたが、早くから今日は営業すると公言していたので、女将の朝ドラの時間にはもう洗面を終えて蕎麦屋へ出掛ける亭主なのでした。お客の側から考えると休日には営業していた方がいいのだろうと、お客の数の少ない最近では、祝祭日の営業を返上している霊犀亭。それでも仕入れと仕込みをした昨日は定休日とはいえ、半日以上は蕎麦屋で仕事をするから、あまり無理をしても先が続かないのではと、少し心配ではあるのです。

今朝の蕎麦粉はいつになく綠がかった色をしていると感じたのは光の加減なのか、新蕎麦だから薄緑には違いないのですが、毎日、打っているのに今日は特別に色がはっきりと見えたのです。茹でたときもこの薄緑がよく判って、味は弾力のある新米のようで、お客にそれを言ったら、「若い人の肌が弾力があるのと同じだね」と、また笑われたから面白い。天気も悪く、寒い一日だったけれど、昼を過ぎた遅い時間に、久しぶりに訪ねてくれたご夫婦がいらっした。

お住まいは東京のはずで、こちらにお住まいだった親御さんが亡くなって、しばらくは来る度に蕎麦屋に寄ってくれていたのですが、もう、来ることはないのかと思ったら、まだ用事があるらしく、忘れずに訪ねてくれたのは嬉しくも有り難いことでした。「祝日だから休みかと思ったら、やっていてよかった」とおっしゃるもののだから、「潰れずに何とか続けてやっていますよ」と応える亭主。以前、「赤字でも健康のために働くのが一番」と言ったのはこの親爺様なのでした。

贔屓にしてくださる遠方からのお客の有り難さは、女将にもよく判るらしく、若い奥様を交えて和やかな会話で今日の寒さも忘れる店内。閉店間際にも別のお客のご来店で、祝日営業もほっと救われる思いなのでした。「ここの焼売が食べたくってね」と、鍋焼きうどんと焼売を注文なさる親爺様は、来年はもう70歳になるのだという。今度来る時にはペットのフクロウも連れて来るからなどと冗談を言いながら、帰って行かれたけれど、笑顔が若さの秘訣なのかも…。

客のいない間に新品の胡麻油でかき揚げを揚げて、一人ぶっかけ蕎麦を食う亭主。店の駐車場のもみじの葉も段々と色づいてきたから季節は巡る。予報では佐倉でも明日は雪が降るという晩に、プールへ出掛けた帰りに蜜柑や柿を買い込んで今日一日付き合ってくれた女将へのせめてものプレゼント。実は、昨日手に入らなかった新鮮な黄色のパプリカを買うのが目当て。夜には家中のストーブを出して灯油を入れ、寒さ対策を万全にしておくのは亭主の仕事。

来春の石垣島行きの飛行機の座席が残り少なくなってきたので、値段の安いうちにとチケットを購入する。3月の沖縄の海はまだ風が少し冷たいのだけれど、学校の春休みになると価格が倍近くになるので、隠居の身分としては贅沢も言っていられないのです。蕎麦屋もまた、臨時休業をもらうのですが、それまでは真剣に、なんとか黒字経営を目指して日々努力を積み重ねるつもり。冬場を前にしてプールも閉鎖されるから、ジョギングで身体も鍛えなければ…。

This entry was posted in 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.