昨日から一転して小春日和…

早朝の強い地震で目が覚めたけれど、外は雨が降っていたから定休日の今日はいつにも増してゆっくりと起き出して朝食を食べる。pekoの散歩もすっかり雨の上がった8時過ぎに出掛け、蕎麦屋で出汁取りの準備や洗い物の片付けをしてくる。水曜日は本来定休日だけれど、祝日の明日は営業することにしてあるので、その分、今日のうちに仕入れと仕込みをしておかなければならないのですが、昨夜は珍しく11時近くまで起きていたから、頭がまだ働かない。

昨夕はプールでしっかりクーリングダウンをしたはずなのに、日曜日の夜の疲れが今頃出て来たのだろうか。さすがに9時を過ぎたら、隣町のスーパーも混んでくるだろうと重い腰を上げて、車を出す亭主。店内へ入るといつもの爽やかなレジのお姉さんが、「お早うございます」と元気に声をかけてくれた。無口にレジ打ちをする店員よりも、何か元気をもらえるような気がして最近は彼女のいるレジに並ぶことが多いのでした。今日はポリ袋6つ分の仕入れで大変。

今週は明日の一日が多いから6日分の野菜が必要なので、週の途中でまた仕入れに来ればいいのだけれど、大分寒くもなってきたし、新鮮な物があるとついまとめて買ってしまうのでした。それでも、黄色いパプリカは古くなった物ばかりだったから、今日は買うのをやめておいた。春菊やラディッシュは蕎麦屋の庭で取れるからそれを使おう。野菜は新鮮さが命だから、お客に出すのに随分と気を遣います。大根は一本138円と、他のスーパーよりも60円も安い。

蕎麦屋に戻って野菜を冷蔵庫に保存する前に、コーヒーを飲みながらまず今朝は何から始めようかと頭を整理する。いつもなら、朝食の頃にはもう段取りが決まっているのに、何故か全身が怠いから困ったものです。それでも、出汁取りを始めながら野菜を整理し始めたら、スイッチが入ってどんどんと手際がよくなる。小豆やカボチャを煮ながら、窓の外を眺めていたら、どうも店の玄関前に佇む若い男性が一人。店置きのパンフレットを手にして外に出てみると…。

「定休日なんですよ」と言ったけれど、どうやら昼を食べる場所をスマホで調べているらしい。「せいろで好ければ蕎麦をお出ししますよ」と言えば、「折角だからお願いします」と言うではありませんか。テーブルの上にしまった幟を置いたままだったから、カウンターに座ってもらって、急いでお茶を沸かす。取りあえずは大根のなた漬けと蕎麦豆腐をお出しして、中鍋で湯を沸かしてせいろのセットをする。「駅前まで行かないと食べるところがないんですね」とお客さん。

東京から仕事できたらしいのでしたが、昼を食べようと近くの蕎麦屋を探してきたのでしょう。店の中はディランの曲がガンガンと流れていたから、「ボブ・ディランなんか知らないよねぇ」と言うと、「ボブ・ディランの曲なのかと思いましたよ」と、新聞のニュースでは読んでいるらしい。「75歳でも元気ですよね」と言うものだから、カボチャを切りながら、亭主がディランの若い頃の話をするのを嫌がらずに聴いていた。散歩のご夫婦も二組ほど店を覗いて行かれたのです。

午後2時近くになってさすがに疲れてきたから、女将に電話をしてイカと里芋・大根の煮物は家でやってもらうことにした。丁度、ケーブルテレビの巡回の調査員が来る時間で、昼も食べずにまた話を聞くはめに…。pekoの方が夕食を前に元気になって、女将は「もう一枚書きたいのよ」と言うものだから、仕方がないから亭主が夕刻の散歩に連れ出すのでした。小春日和の暖かい午後に、菊の香る小径を抜けたら、近所の公園のもみじはすっかり紅葉していました。

郵便受けにセーヌ河畔から眺めたエッフェル塔の絵ハガキが届いていたから、「横浜…」という文字を見てもしや…と思ったけれど、先日、結婚式で再会した本牧のお嬢さんから写真を送ったお礼のハガキでした。研修旅行で尋ねたブリュッセルやパリでも一緒だったから、彼女と友人の写った写真も同封したら、「綺麗に映っていて記念になります」と言うのでした。そう言えば、今週は調理師学校の旧担任が蕎麦屋を訪ねてみえるという連絡をもらったけれど…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.