雪の降りそうな空模様…

昨夜は夕刻のお客が多かったから、片付けに時間がかかった上に、それから家に戻って夕食だったから、夜も寝る時刻が1時間ほど遅くなってしまいました。それでも、いつもと同じ4時には目が覚めてブログの書き残しを終わらせて、明るくなるのを待ってpekoの散歩に出掛ける亭主なのでした。蕎麦屋に立ち寄って洗い物の片付けや幟を立てていたら、道路の向かいの集落に住む小母さんが「お早うございます。早いね」とやはり犬の散歩で通りかかるのでした。

暗い雲が垂れ込めた空には、今朝は陽の光が望めそうにありませんでした。それでも自宅に戻って蕎麦の残りを二人分茹でて一人で食べる。4日目の蕎麦になるけれど、乾燥しないように密封してあるから、まだまだ美味しいのです。まあ、蕎麦好きの亭主だから、蕎麦汁さえ新しいものならば、それで好しというところもあるけれど、石垣島までは送ってあげられないのが残念です。昨日打った蕎麦は生舟に残っていたけれど、今日も500g6人分だけ打ち足しました。

平日はお客が少ないとは言え、10人分以上は蕎麦を用意しておかないと、いつかのようにお客が混んで12時半に売り切れですと言うわけにもいかないのです。売れ残ればまた自宅で蕎麦三昧の定休日となりますが、今週は水曜日が祝日だから営業することにしてあるので、かなりのリスクを背負っての蕎麦打ちでした。500gを打つなどと言うことは本当に久しぶりでした。考えたら、開店前は捏ね鉢も包丁も一回り小さかったから、これで二三回打っていたのです。

「1kg打ったらいいのに」と、団地の蕎麦打ちの長老に言われて、750g、1kgと打つ量を増やしていったのですが、慣れてしまうと500gはやけに少なすぎて、大きな捏ね鉢をもてあましてしまうのでした。ちょうど包丁切りをしているところに、蕎麦打ち室の窓の外からこちらを覗く男性がいるから、スタッフが店置きのパンフレットを持っていったら、「蕎麦打ちを見せてください」と言うことなのでした。量が少なくって見栄えもしないけれど、いつか食べに来てくれるだろうか。

あまりにも寒くてお客も来ないので、身体を温めようともう一つの砥石を砥石研ぎで研ぎ始める亭主。調理師学校で使っていた砥石は材質が違うのか、研いでも研いでもへこみが修復されない。20分ほどでもう腕が痛くなって、また明日。そろそろ片付けを始めようかと持ち帰り用のかき揚げを揚げていたら、駐車場に車が入ってきました。遠い町から月に一度は佐倉の病院に通うという母親と娘さんは天せいろと鍋焼きうどんのご注文で、心を込めてのおもてなし。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理. Bookmark the permalink.