朝靄の流れる日は…

例によって、9時半就寝、5時半起床で健康的な目覚め。梅干しを囓ってお茶を一杯飲んでから、とうにスタンバイしているpekoの散歩に出掛ける亭主。蕎麦屋の暖簾を出して、朝の一仕事を終えたら、家に帰って朝食に昨日店で残った蕎麦を茹でて食べるのでしたが、寒い朝に冷たい食べ物を受け付けない女将には、温かい汁を作って肉入りの天麩羅蕎麦を作ってやる。お客の来ない翌日は決まって沢山の蕎麦を持ち帰るから嬉しくもあり寂しくもあるのです。

昨日の冷たい雨はどこへやら、今朝は気温は低かったけれど快晴の天気で、今日はお客も戻るだろうと、今朝も頑張って750g8人分だけ蕎麦を打つことにしたのです。昨日打った1kg11人分の蕎麦は、そのまま冷蔵庫に寝かせてあるけれど、日曜日の夜までの営業で数が足りなくなった場合を考えての決断でした。蕎麦打ちの量が少なくなればなったで、四つ出しの角を残したままで綺麗に畳めるから、それだけ無駄も出なくなる。今日は34gの端切れを出しただけ。

このまま天気が好くなるかと思ったら、太陽が昇った後で蒸発した昨日降った雨の湿気が、地表の冷気に触れて靄になり、南から北に向かって流れていくのは珍しい光景なのでした。蕎麦打ちを終えてこの不思議な様子を写真に撮っていたら、近所の農家の小母さんが、「お早うございま~す。今日は靄が凄いねぇ」と自転車に乗って通りすぎていきました。蕎麦屋にも食べに来てくれた人なのですが、毎朝顔を合わせるから自然と挨拶を交わすようになったのです。

女将と二人で満を持して暖簾を出した日曜日でしたが、開店してすぐに男性客が一人いらっして、蕎麦が美味いとおっしゃって、粉から溶いて作った蕎麦湯まで綺麗に飲んで帰られたあとは、しばらくお客の姿がなかったのです。その間にかき揚げを揚げて、ぶっかけの賄い蕎麦を食べる亭主でしたが、ご夫婦連れのお客がいらっしてまたもや天せいろのご注文でした。昼のお客は少なかったから、早めに暖簾を下ろして「準備中」の看板を出して家に戻ったのです。

暖かくなってきたので、書斎の窓を開けてパソコンに向かっていたら、家の前を蕎麦屋の常連さんが自転車に愛犬を乗せて通る。『随分と遠くまで何の用なのだろうか』と思いながら見ていると、また、戻って亭主の家の前を通りすぎようとしていたから、思わず声をかけてみたたのです。「こんにちは、もしかして、蕎麦屋へいらっしゃいました?」「今、行ったらしまっていたから。今夜は営業しますか?」「勿論ですよ。いつも土日の夜は営業していますよ」と夜のご来訪…。

昼間は予約は受け付けないことにしている霊犀亭なのですが、土日の夜の営業はお客も少ないので、常連さんになるとわざわざ昼の閉店後にいらっして、「今晩お願いしますね」と、言って行かれるお客もいらっしゃるのです。何か気の利いた酒の肴でも用意して欲しいと言うことなのでしょうと、亭主もあらかじめ仕込みをしてすぐに出せるようにしておくので、今日も自宅で1時間ほど休憩したら、早くからまた蕎麦屋へ出掛けて、刺身のツマ切りを始めるのでした。

何か季節の肴を一品付け加えようと、久しぶりに柿なますを作っておく。昨日のうちに、サワラの西京漬けや厚揚げの田楽も仕込んで、いつでも出せるようにしてあるから、あとはマグロ丼に使う切り落としを解凍して、刺身を盛っておけばいい。サラダ用の若布を水で戻し、裏庭からパセリの葉を取ってきて飯台に載せる。開店前には冷蔵庫に入れていよいよ準備は整ったとコーヒーを一杯飲んでお客を待つのでした。大鍋のお湯もチンチンと沸いていよいよ夜の部。

入口の扉が開いたので、「いらっしゃいませ」と、てっきり昼に自宅まで尋ねてくれた常連さんかと思ったら、プールでいつも一緒になる奥様がご主人と共にご来店。天せいろのご注文だったから、天麩羅を揚げていたら、今度は裏のご近所の常連さんが年老いたお母様を連れてのご来店。あれよあれよという間にお客が入ったからさあ大変。昼の倍のお客が夜に来るなんて滅多にないことだけれど、家にいた女将にSOSの電話をして助けに来てもらったのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.