初霜の降りた朝…

昨夜も9時に就寝の亭主は、このところ随分と早く床に就くようになったのですが、生活習慣というのか、居間でテレビ映画を観ると11時近くになるし、お腹の空いたpekoがうるさくなるから、何もする事がなければ早く寝てしまおうというのが本当のところ。それが続くといつの間にか自然と眠くなるから不思議なのです。よく眠るせいか、体重が減ってくるから更に不思議。暇な隠居は特別に何もすることもないのだから、無理をして夜に起きている必要もないのです。

今朝も日の出前に目覚めて、明るくなるまでの間に、随分と寒いので朝ラーメンと洒落てみました。朝から本格的な料理をするのも多少面倒な気もするのだけれど、手抜きをして不味い朝食を取るよりはと、白菜を刻み、きくらげ、マツシュルーム、ヤングコーンにモヤシに肉を入れて、醤油ラーメンに五目あんかけを載せて、身体を温める。そのうちにpekoも起き出して来たけれど、散歩に出掛けるにはまだ暗すぎるから、一緒に床に入って1時間ほど眠るのでした。

7時前に再び目覚めて、朝日の当たる通りに出てやっと散歩の時間。蕎麦屋を回ったら、向かいの畑に真っ白な、この秋、初めての霜が降りていたのです。ご近所の蜜柑は黄色く色づいているし、向こうの丘の上の銀杏も綺麗に紅葉している。蕎麦屋の幟を立てて一仕事をしたら、すぐに自宅に引き返して、今朝もいよいよ仕事に出掛ける準備。昨日の蕎麦はほとんど残っていなかったから、今朝も1kg11人分の蕎麦を打つ。しっとりとした新蕎麦の感触です。

両の掌で捏ねて艶が出てきたら、一つにまとめて更に十分に捏ねる。菊練りをするにも、滑らかな蕎麦玉の感触が心地よいのです。100cm×90cmの広さに伸した生地を、八つに畳んで今日も気持ちよく包丁切りに入る。切りべら23本で130g強と、細さは均一に仕上がっている。1kgの蕎麦を打つのにも随分慣れてきたから、お客がもう少し増えてくれば、今度は1.2kgで13人分の蕎麦が打てる計算です。日に10人以上の蕎麦が出れば赤字も解消するのですが。

6月に大型ショッピングモールが出来てからというもの、平日はなかなか去年のようにはお客が入らない。去年は、用意する食材の仕入れすぎで赤字が続いたけれど、今年は必要な分だけを仕入れて、無駄を省いてきたので、同じ客数なれば黒字になる自信があるのです。ただ、このところ少しお客の数か増えてきたから、もう少しの辛抱と今日も暖簾を出して開店する霊犀亭。直後に常連さんがお友だちを連れていらっしたので、本当に有り難いことなのでした。

リピーターのお客様もいらっして、鴨せいろや鴨南蛮、鍋焼きうどんまで出て、厨房はバラエティー溢れる調理を楽しむ亭主が大活躍。お客のいなくなった間に昼の賄い蕎麦を食べようと用意をしていたら、もう次のお客が来たりで、結局、昼を食べたのは1時半過ぎ。閉店間際までお客がいたから、奥の座敷でスタッフと代わる代わる昼食を取るのでした。平日にしてはまずまずのお客の入りなのでした。先週よりもお客の数が増えているのが頼もしい兆しではある。

明日の土曜日は冷たい雨との予報だから、ちょっと客足が落ちるのではと心配するけれど、やはり同じ量の蕎麦を打とうと決めている。夕刻の早い時間にプールでひと泳ぎして、土日の夜の分の魚などを仕入れて帰る。サワラの西京漬けは、最近の新メニューだけれど、まだ出たことはない。そろそろ大根の酒粕漬けなども仕込んでみたらどうかと、季節の小鉢の準備もしておく。今夜も風呂に入って牛乳を飲んだら、いつの間にか眠くなってきたので床に入ります…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.