朝焼けの綺麗な日…

昨夜も9時過ぎにはpekoと一緒に床に就いたので、今朝は4時半起き。pekoの散歩に出掛けるには早すぎて外もまだ暗いから、一人で蕎麦屋へ行って明日の出汁取りを始める亭主。昨日のうちに大鍋に干し椎茸と昆布を浸しておいたので、寒い厨房でコーヒーを飲みながら鍋が煮立つのを待つのでした。一番出汁を3リットル取り終えて、2リットルは返しと合わせて蕎麦汁にして、残りは容器に入れて鴨せいろの汁や出汁巻き卵の汁に予備の出汁として保存する。

二番出汁は4リットルの水を加えてぐつぐつと煮る。温かい蕎麦の汁と天つゆ用に1.5リットル使って、味噌汁用に0.5リットル、残りは容器に入れて予備の出し汁として保存する。やっと窓の外が明るくなって、オリオンと大きな月も西の空に傾いていきました。東の森の向こうがやけに赤く染まってきたかと思うと、西から流れてくる雲が赤々と燃える色をして青空を覆っていくのです。朝焼けの景色は一瞬一瞬が千変万化。向こうの丘の公園の銀杏も色づいている。

自宅の前の通りに出ると、今度は東の空が赤く燃えだしてきました。突き当たりの公園の向こうの森がシルエットで火の海に浮かんで見える。やっと6時半だから、日の出も随分と遅くなったのです。女将が起き出してきて朝のお茶を運んで来てくれました。大きな南紅梅を半分だけ囓ってお茶を飲むのが夫婦の毎朝の習慣。早くも散歩に出掛けたいpekoが足元でもうスタンバイしているのです。リードを付けるのにも両足を自分から持ち上げてくるから感心なのです。

蕎麦屋の朝の仕事はもう終えたので、今朝は東の公園を回っていつも女将が辿るコースを歩いて行けば、朝日はまだ森の向こうにやっと昇ったばかりらしく、青空に浮かぶ雲が金色に輝いているのでした。西の空には送電線の紅白の鉄塔と更に明るく輝いた雲がこちらに向かって流れてくる。今日は晴れるのか雲が出るのか、天気予報はあまり当てにならないから、取りあえず雨が降らないだけましだろうと、人気のない朝の通りをpekoに引かれるようにして歩く。

ドングリ公園の銀杏と紅葉を見に行きたかったけれど、pekoがどうしてもその方角には行こうとしない。犬も家に帰る近道をすっかり覚えてしまったらしいのです。仕方がないから、坂道を登って自宅に帰ればまだ7時前で、朝食の時間にはまだ間があるのでした。今朝の予定はまずはお袋様を車に乗せて隣町まで仕入れに出掛け、蕎麦屋へ戻って焼売を包み、天麩羅の具材を切って容器に保存する。蕎麦豆腐とデザートは明日の朝の方が新鮮だろうと考える。

昨日も随分と仕入れをしたのに、味噌や削り節、塩、砂糖と予備の品を買い物籠に入れ、ヤリイカのパックが安く出ていたから、大根とイカの煮付けを作ることにして、そろそろ柿なますの季節だろうと、沢山出ている柿をいくつか買って帰る。いつものことだけれど、全部作って蕎麦屋で出し切れるものではないから、最後は家に持ち帰ることになる。それでも、季節に応じた食材を調理することを忘れてしまわないようにと、いつも旬の食材には目を光らせている…。

やはり早朝の出汁取りが功を奏して、午前中の仕込みも案外と早く終わったから、家でゆっくりと出来るのが定休日らしくていい。昼は亭主が家の厨房に立ち、本格的な五目タンメンの調理にかかる。白菜、小松菜、ニンジンを刻み、キクラゲを水で戻したら、マッシュルーム、ヤングコーン、鶉の卵は小さなボールにあけ、イカを少々隠し包丁を入れて、麺を茹でる鍋を火にかけた隣で、中華鍋でまずは肉を炒める。八宝菜以上の豪華さなのに、餃子も付けて昼ご飯。

食休みを終えた午後はパソコンに向かって今日のブログを書き始め、ついでにメールチェックやアクセス解析、気になるホームページを覗いたり、ニュースを読んだり、いろいろと時間を取られる。今夜は地域の防犯パトロールに参加する日だから、その前にプールに行って泳ぎたい。子どもたちのスイミングスクールの始まる前に出掛けてこなければと、時計を見るともうその時刻になっている。時折暖かな陽が差すけれど、書斎の窓から外を眺めれば一面の雲…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.