定休日に紅葉狩りの霊犀亭夫婦…

「今日は段ボールと新聞の回収の日だから…」と女将に言われ、車を出して急いで蕎麦屋に荷物を取りに行く朝なのでした。週に一度の定休日の朝は、どこかいつもの活動が休んでいるというのか、急がなくてもいいと言う安心感が、心をゆったりとさせているから、速い動きにはなかなか対応できないでいるのでした。無事に団地の子ども会の指定の場所に段ボールと新聞紙を置き、朝食に昨日の残りの新蕎麦を茹でて食べる夫婦なのです。これがまた美味い。

女将の朝ドラに付き合ったら、着替えを済ませて約束の城址公園に向かえば、紅葉もちょうど見頃で清々しい気分。やはり、広さが近所の公園とは桁違いだから、女将が車の助手席に抱いて出掛けたpekoもことのほか満足そうなのでした。広い敷地を掃除する小母さんに「お早うございます。大変ですねぇ」と声をかければ、「まったく、昨日掃除したばかりなのに一晩でこれだからやんなっちゃうよ」と、繰り言を言うからさもありなんと思いながら園内を巡るのでした。

ちょっと前までは、年に何度も訪れた城址公園も、最近は亭主が蕎麦屋に夢中で二人ともなかなか来る機会がなかった。遠くの土地への温泉旅行などはもちろんのこと、車で15分の所にもこんないい場所があるのに、すっかりご無沙汰していたのです。心に余裕がないというのか、今年が暖かい日が多かったのも手伝って、紅葉の見られる日を心待ちにしていたのです。平日の朝だから、行き交う人も年配の人ばかりで、同じ世代の身としては心安らぐひととき。

帰りに魚屋スーパーに寄って、亭主は仕入れの買い物、女将は久々に自宅の食事の材料を買い込んでくる。家に戻れば、横浜の懐かしい友人からご母堂様の逝去で年頭の挨拶は失礼させて頂きますとの喪中の葉書が届いていました。そうなのだったなあと、春に連絡をもらったのを思い出して、今年は寒中見舞いを出すところが増えたと、感慨深く思う亭主。近ごろは多くが90歳を越えて他界する親御さんが多いから、自分たちも歳を取るわけだと思うのでした。

昼食には、珍しく女将が食べたがっていたソース焼きそばをたっぷり野菜でこしらえる亭主。娘の所から帰った彼女のノスタルジーとでも言うのか、昔、ウッドデッキで子どもたちと皆で鉄板焼きそばをよく作ったのが懐かしかったのだとか…。一休みしたら、女将のお稽古にまた車を出す亭主。帰り道にはホームセンターに寄って、また、新鮮な野菜を仕入れてくる。迎えに行くまでの2時間足らずの間に、出来る仕込みをすべて終わらせるのが今日の課題なのでした。

コーヒーを一杯飲んだら、小豆を煮込みながら天麩羅に使うカボチャの端切れを使っていとこ煮の準備。返しがなくなってきたので、5㍑の大なべに、味醂とワインビネガーを沸騰させる。減塩醤油と減塩の再仕込み醤油、氷糖蜜に塩を加えて沸かさぬように火を入れる。これも蕎麦屋の命の一つ。一週間前には仕込んでおかなければならないから、忘れていると大変なことになる。最後に鴨せいろや鴨南蛮に使う小松菜を茹で、冷凍しておくのが今日の仕事納め。

五十日の今日は国道も混んでいたけれど、お稽古から戻る女将は、お師匠のお手本なしで書いていった作品がすべてOKをもらえたとかで上機嫌。亭主の蕎麦打ちと同じで、いつの間にか上達していると言うことなのか。夜は、久々に二人ですき焼きの鍋をつつく。膝下の酒にと注文しておいた昔飲んだ高知の中村藤娘を試飲しながら、今夜は二人で話が弾むのでした。勿論、話題は、二人の老後の現在について。今が一番という思いが心を軽くするのでした。

This entry was posted in 日常. Bookmark the permalink.