平日も少しずつ…

女将が横浜の娘のところから戻った後も、一週間の独身生活に慣れてしまった亭主は、前の晩も9時過ぎに床に就いて朝は4時には目が覚める。書きためたブログの記事を書いたら、やっと外も明るくなってpekoの散歩。日の出も遅くなったから、蕎麦屋に着く頃に東の森から太陽が昇ってくるのでした。今日の営業の合図の幟を立てて、昨日の洗い物の片付けをし終えたら、家に戻って朝食をとる。二人で仕事を分担するというのは本当に素晴らしいと感じる。女将の見る朝ドラの時間に洗面と着替えを済ませた亭主は、「行ってきまぁす」と玄関を出て、庭の金柑が少しずつ色づいてきた写真を撮る。蕎麦屋に着いたら庭の野菜に水遣りをして、ラデッシュの収穫。二十日大根と言うだけあって、放っておくと大きな株に成長するのだと今頃気づいたから暢気なもの。沸騰したお湯でゆがいて酢漬けにすれば、綺麗なピンク色に染まるから美味しそう。明日が定休日の月曜日の朝は、余分な仕事はせずにまずは蕎麦打ち…。昨日の昼には古い蕎麦粉がなくなってきたので、今朝はいよいよ秋の新蕎麦の粉だけで蕎麦を打つ。水分含有量が多いからか、捏ね鉢で捏ねていくにしたがって、しっとりとした感触が両の掌に伝わってくるのです。打ちやすいと言えば分かる人には判るのでしょうが、食べてみれば一目瞭然。弾力のある蕎麦の感触が、昨日の午後に打った蕎麦と合わせて14人分の蕎麦を用意して、今日の営業に入るのです。幸いに昼前に三人連れのお客がご来店なのでした。

「いらっしゃしませ」と、元気よく迎えたのは好いけれど、初めてのお客でメニューをじっくりと読んで注文までに随分と時間がかかる。休日ではないから、次のお客が来る気配もないので、こちらもじっくりと鍋の湯を沸かしたり、天麩羅の油を温めたり、準備には余念がないのでしたが、いきなり天丼セットと鴨南蛮蕎麦の大盛りと普通盛りだから、火口がなくってさあ大変です。天丼セットを出すまでの間に鴨肉を解凍して、じっくりと焼き上げていたらもう次のお客様。

今週は随分とお客が増えた気がするのだけれど、トータルして考えてみるとやはり去年の半分だから、まだまだ予断は許さないのですが、あちらこちらで蕎麦を召し上がるという常連さんがいらっしてやはり新蕎麦は美味しいねと言ってくださったのがせめてもの救い。蕎麦汁もここのは美味いと言いながら、老舗なのに蕎麦が美味いのに蕎麦汁の不味い店は、代替わりで受け継いでいないのかなと独り言のようにおっしゃる。蕎麦好きのお客の言葉は勉強になる。

恐らくは蕎麦打ちも調理も、慣れてくれば来るほど上手にこなすことは覚えても、どこか雑になる部分があるのではないだろうか。常にもっと美味しくするためにはどうしたらいいだろうかと、研究心をもって臨まなければ、お客もいつかは飽きてくるはず。その点、毎日が修行の霊犀亭は、亭主もまだまだ探求心の固まりだから、大いに期待が持てるのかも知れない。今日は単品メニューに載せたばかりの厚揚げ田楽の注文が入ったのに、昨夜家に持ち帰ってしまった。

折角の注文に応えられなかったのが残念だったけれど、代わりに蕎麦豆腐と焼売を頼まれたから、こちらは自信を持ってお出ししたのでした。「鴨南蛮の鴨肉が随分大きいのですね」と褒められて、「儲けはあまりないですけれどね」と、鴨ロースの肉の解説を始める亭主は嬉しそう。儲かればいいというスタンスではなく、地域の人に安く美味しく食べて頂きたいという店の経営方針を判ってもらえれば、少しずつでもお客は増えてくるのではないだろうかと思う…。

ひとしきりお客の途絶えた午後に、スタッフと賄い飯で新蕎麦をぶっかけにして食べたら、やはり今までの蕎麦とはひと味違うのでした。これからしばらくの間は、新蕎麦が店の話題になりそうです。11月も半ばで、今日は鴨肉や胡麻油の発注をしました。来月はいよいよ年の瀬で、また、蕎麦屋も少しは賑わうだろうか。夕刻にプールに泳ぎに出掛け、女将と蕎麦屋の残りもので夕食を済ませる。明日の定休日には久しぶりに城址公園にでも出掛けようと話すのでした。

This entry was posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.