連日の満員御礼、お蕎麦売り切れ…

夕べは風呂にも入らずにすぐ床に就いたから、今朝もいつもと同じ時刻に気持ちよく目覚めてpekoの散歩に出掛ける。朝食には昨日のカレーを温めて、早めにそば屋へ出掛ける亭主。暖かな朝なのでした。今日は、女将が横浜の娘の所から戻る時刻まで、一人で蕎麦屋を切り盛りしなければならないから、蕎麦打ちも早めに終えなければなりませんでした。夜の営業もあるけれど、昨日も混んだから昼の間に全部なくなった場合には追い打ちをかける覚悟でした。

ところが、そのまさかが、開店と同時に現実のものとなって、昼前にもう店は満席だから驚きなのでした。最初にいらっしたお客たちが注文を決める前に、もう5人連れのご家族がテーブル席とカウンターに座るから大変。取りあえずお茶とおしぼりと箸だけをお出しして、「前の方のお蕎麦を出してから、ご注文を伺います」と、大急ぎで厨房に入る。せいろかぶっかけ蕎麦だけならば簡単なのだけれど、こんな時に限って、「私は鍋焼きうどんをお願いします」と来る。

天麩羅付きのランチセットが次々と出て、天せいろも人気だったから、今朝のうちに新しい油に入れ替えておいて好かった。亭主が黙々と天麩羅を揚げているところに、また、新しいお客がいらっしてカウンター席に座ったと思ったら、「天せいろ二つ…」のご注文。入口の扉が開いてまたお客かと見れば、頼みの綱の女将が現れた。早い時間から満席なのでびっくりしたような顔つきだから可笑しい。このところ休日はお客の出足も遅いからと彼女も思っていたらしい。

厨房での調理に専念できるから一挙にスピードが増して、ボサノバの曲の流れる店内はお客たちのさざめきで満ちあふれるのでした。昨日今日の混み具合から考えて、もしかすると、少しお客が戻ったのかかも知れない。そう思うと嬉しくなるけれど、天気が好くなったからかも知れないなどと、ぬか喜びを鎮める亭主。気が付けば生舟の蕎麦はもう残りわずかだったから、あわてて女将に「お蕎麦売り切れました」の看板を掛けてもらった。今日はさすがに追い打ち。

残った蕎麦をぶっかけの賄い蕎麦にして昼を食べて、先に女将を帰して大鍋の掃除。ちょっと休んでからでないと蕎麦打ちは出来ないと、いったん店を閉めて家に戻ると、とっくに帰ったはずの女将が家にも入らぬまま塀越しにお隣の奥さんと立ち話をしている。このところ洗濯物も男物しか干してなかったから、女将に何かあったのではと心配してくれていたらしい。一週間の娘の家での生活からかえった女将も、帰ってすぐに蕎麦屋を手伝ったから疲れただろう。

夜の準備に早めを家に出た亭主は、お客が来たら困るからと取りあえずは蕎麦打ちをして、天麩羅の具材を仕込んでいたのでしたが、こんな日にはお客が続くもので、団地のリピーターさんが、「いつも来ようと思っているのですけれど…」とお子様連れでのご来店。学童と保育園にお子様を預けてのご夫婦共働きなのだとおっしゃるから、たまにはゆっくり霊犀亭でお蕎麦を召し上がれ。蕎麦は予定よりも早く秋の新蕎麦。今日のお客の混みようが続けばいい…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.