久々に満員御礼で…

昨夜のプールガ利いたのか、早く寝たものだから4時起床。今日は夜の営業をお休みにさせてもらって、45年目になる高校のくクラス会に出掛けなくてはならない亭主なのでした。こんな早くに起きてしまって、夜まで体力がもつのだろうかと心配なのでしたが、朝は、昨夜蕎麦屋でで仕込んだカレーの残りを温めて、久しぶりにカレーライスとサラダの酢漬けにモヤシスープ。具沢山のカレーは店の自慢の一つなのですが、出汁醤油で割っても辛いことこの上ない…。

定刻にはpekoこの散歩に出掛けて、蕎麦屋で日一仕事。明日は女将が帰ってくると言うから、洗濯物も洗濯機に放り込んだままで、朝ドラが終わる時間には元気に蕎麦屋へ出掛けていくのでした。今朝も1kg11人分の蕎麦を打って、順調な仕上がり。蕎麦切りの最後に残った生地の重さを量ったら55gだったから、約5%のロス。以前はもっと沢山の端切れが残って、塩を振った蕎麦揚げにして酒の肴にしただけれど、最近はロスが少ないから単純に破棄する。

去年の秋の蕎麦粉と春の新蕎麦の粉を半々にして混ぜて、蕎麦打ちは安定してきたので一安心。蕎麦粉が替わる季節には、加水率が違ってくるので、こんな打ち方も案外いいのかも知れないと、ふとしたことがきっかけで今年は上手く切り抜けた。新蕎麦の粉はもう届いているから、来週からはまた水加減を変えて打たなければならない。楽しみにしながらも、残っている蕎麦粉でお客に美味い蕎麦を食べてもらえるように、自分なりに工夫を重ねた結果なのでした。

今日は、暖簾を出してすぐにお客がいらっして、あれよあれよという間に蕎麦屋は満席になったのです。本当に久しぶりに、「ただいま満席です。しばらくお待ちください」の看板を出して、厨房は大忙しでした。一つ一つの仕事を丁寧にこなしながら、蕎麦湯を一回毎に粉を溶いて作ってお出しする。急いでいても必ず味見をして、「よし…」とかけ声をかけて、「蕎麦湯上がりました~」とスタッフに手渡す。ご家族5人でいらっしゃったリピーターさんもカウンターに座る。

単身赴任のご主人が家に戻って今日はご家族と揃って来て下さったのでした。カウンター越しに先月二度も石垣島を訪れたという奥様の話を聞いたり、大瀬崎や串本で潜った話を聞いたり、ダイビングの話題でこちらも楽しい。その間も調理の手を休めずに、次々と注文の品を仕上げていく亭主。ランチセットをご注文のテーブル席のお客に、そろそろデザートを出さなければと準備をしたり、一度に幾つものことに気を配らなくてはならないのも、楽しいひとときです。

昼の時間にひとしきり店は混んだけれど、その後はお客も来そうになかったから、今日は早めに閉店の準備をし始める。家に戻ってpekoを散歩に連れ出して、食事を与えなければ出掛けられないのでした。着替えをして駅まで30分歩かなければならないのが面倒なところ。幸いに予定よりも一本速い電車に間に合って、始発駅の地下鉄に乗り換えたら、大手町まではずっと座って行くことが出来ました。丸ノ内線の駅までは随分歩くけれど、乗り換えればもう一駅。

狭い路地にある洋風居酒屋は思ったより広く、二階の50席ほどの会場には、もう懐かしい顔ぶれがちらほちらと集まっているのでした。45年目のクラス会も20数名の参加者があるから、毎回変わる幹事さんの苦労もさることながら、続けていることに意義があると思える。それぞれの近況を語り合いながら、夜が更けていく。二次会は秋葉原駅近くのカラオケ店へ繰り出して和気藹々とした雰囲気。遠くからの参加者はここで退散し、家に戻ったのは0時過ぎでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.