冷たい雨の降る日のお客様…

朝方から風を伴った強い雨が降っていました。床の中で目覚ましを聞いたのだけれど、この雨の音ではpekoの散歩にも行けないだろうと、しばらくウトウトとする亭主。それでも、今日はゴミ出しの日だから、家中のゴミをかき集めて朝食を作る前に傘をさして集積所へ持っていく。いつもは女将の仕事だから、ご近所の奥様連中とも顔を合わせないけれど、やはり、雨の中でもゴミ出しに来るご近所には「お早うございます」と、自然と挨拶の言葉が出るから隠居の自覚。

一人だから簡単に朝食を済ませて、着替えや洗面を終えたら、女将の気分で朝ドラを見て蕎麦屋へ出掛ける。雨は一向に弱まりそうもなかったので、幟は開店前まで外に出さないでおいたのです。コーヒーを一杯飲んで、今朝の段取りを考えたら、まずは蕎麦打ち。今日は湿気が多いから加水率40%でまた硬めの蕎麦を打つ。菊練りに入る前に100回ほど捏ねたら色相も好くなって、ひび割れの心配もなくなった。すべすべとしたいい仕上がりが伸しに入る合図…。

切りべら23本で今朝も昨日と変わらない好い蕎麦が打てた。蕎麦切りの最後は2cm弱を残すだけで、最近は最後まで随分と綺麗に切れるようになった。駒板が最後まで滑らかに滑るように、終わりの部分には打ち粉を十分に振っておくのが秘訣なのかも知れない。蕎麦を打っている間に、注文しておいた秋の新蕎麦が届く。来週からはいよいよ今年の秋蕎麦になるので、打つのが楽しみなのです。蕎麦好きの常連さんたちも密かにその日を待っているようだから…。

店の庭の菜園もラディッシュがもう大きくなっていたから、今日のサラダに添えてなんと野菜は10種類になったから、ちょっとは自慢してもいいかも知れない。昨日も今日も完売だったから。健康志向のお客様には、彩りも鮮やかで栄養のバランスもいいから、食前の一品には嬉しいはずなのです。昼過ぎまで閑古鳥が鳴いていたにもかかわらず、冷たい雨の降る中を、今日もお客様があったからほっとする。外は寒いから、カレー蕎麦や温かい天麩羅蕎麦が人気。

お客の来る前に、春菊と舞茸の添付世羅を揚げる練習をしたら、揚げたての天麩羅を載せて賄い飯のぶっかけ蕎麦をスタッフと一緒に食べる。一晩寝かせた蕎麦は更にコシがあって絶妙の味わいなのでした。蕎麦汁に天麩羅が入ると味が出るというのか、大根おろしと山葵が混ざって「美味い」の一言に尽きる。腹ごしらえが出来たところで、雨の中をお客がいらっしたから、厨房の中も急に忙しくなる。大盛りが続けて出たから、今日も随分と蕎麦が捌けた。

最後にいらっした常連さんは、今週4日目のご来店で、「お蕎麦が美味しいのよ」と、すっかり気に入って頂いた。用事の合間に霊犀亭で蕎麦を食べるのが、ほっとするひとときなのだそうで、いつもカウンターの隅に遠慮がちに座ってお食べになる。「美味しいお蕎麦を打っているんだから、段々とお客も集まってくるわよ」と励まされて、お客の少ないのも忘れる程なのでした。2時前には暖簾をしまって撤退の準備を始める。スタッフも随分と手際がよくて気持ちがいい。

女将がいないから、独りぼっちで留守番をしているpekoは亭主が帰るともう興奮して散歩のおねだりなのですが、もう少し雨が収まってからと我慢をさせる。散歩から帰って夕飯を食べ終えると、亭主の膝に乗って甘えること限りなし。犬でもやはり人恋しいのだろうかと、一人暮らしの続く自分の身を思うのでした。亭主は夕飯の前に寒い中をプールへ出掛けてひと泳ぎ。帰りにスーパーに寄り、今日はカレーのストックがなくなったから、鶏肉と玉葱を買って蕎麦屋へ。

温かい蕎麦の出汁も出尽くしたから、昼に浸けておいた昆布と干し椎茸の鍋を沸かしてかつお節で出汁を取る。その間にカレーの具材を刻んでトコトコと煮込めば、もう6人分のカレーの出来上がり。鶏肉、カボチャ、ナス、シメジ、ニンジン、玉葱と具沢山なのが霊犀亭のカレーの売りで、カレー蕎麦やカレーうどんで出す時には蕎麦汁で薄めて出汁醤油味を加えるから、濃いめに仕込んでおくのがポイント。7時前には家に戻って、今日も簡単な夕餉を作るのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.