急に寒くて堪らない一日…

冷たい雨の降る朝でした。セーターを着たpekoに更に合羽を着せて散歩に出掛ける亭主も、さすがにジョギングはお休みにして、11月からは蕎麦屋も冬のメニューに変わるので、久しぶりに店の「お品書き」を作り直す朝なのでした。鍋焼きうどんやぶっかけ蕎麦を入れたメニューに差し替え、注文伝票も作り直す。鴨鍋蕎麦を入れたスタンドメニューも印刷し直さなければならないのでした。秋期限定で安く出していたぶっかけ蕎麦もやっと700円でメニュー入り…。

女将をお稽古に送る前に、二人で暖かい肉蕎麦を食べて、やっと上がった雨の中を車を走らせる。珍しく昼になっても気温が上がらないから太陽が出てもひんやりとした陽気なのでした。帰り道にホームセンターへ寄って店の消耗品を買い込んで、ついでにスーパーで野菜を見て歩く。ナスや生椎茸の新鮮な物が出ていたから、ちょっと値段は高めでも確保しておく。一本60円近い生椎茸はさすがに立派だけれど、他の野菜も高いからなかなか厳しいところです。

蕎麦屋へ帰る頃にはすっかり青空が広がって、辺りは晩秋の装いなのでした。女将を迎えに行く時間までに、仕入れた野菜をカットしたらラッピングして冷蔵庫に入れ、先週出汁を取り終えた削り節を大鍋で乾燥させながら、カボチャや小豆を煮込んでおく。車の保険会社から電話が入って、「まだお店ですか?」と懐かしい声を聞く。長い付き合いで、昔、ダイビングでも一緒だったこともある営業マン。週に何度しか乗らなくても、保険料は下がらないのが辛いところ。

小豆が煮終わらないのに女将から電話で、一旦、火を止めて迎えに出掛ける。片道30分近く田舎道を走って、道の混まないうちに帰ってくることが出来た。娘の旦那から連絡があったとかで、やはりお腹の子は死産だったらしい。週末に退院するから面倒を見に来て欲しいと言われたと心細そうに言うものだから、一番大変なのは娘夫婦なのだからと励ます亭主。ちょうど結婚式が入って、自分は何も出来ないでいるけれど、幾つになっても親の心配は変わらない。

夕飯の時間まで再び蕎麦屋で仕込みの続きをしたら、久しぶりに自分用にと買って帰った大吟醸を開けて夕餉のひととき。家の食堂はまだ灯油を買っていないから、ストーブも焚けずに寒い夕方なのでした。風呂に入って暖まったら急に眠気が差してきて、床に入ったらそのまま寝込んでしまいました。夜中に目が覚めて、出汁取りの準備をしてくるのを忘れていたことを思い出す。真夜中にまた蕎麦屋へ行かなければと考えながらブログを終わらせるのでした。

This entry was posted in 仕込み, 料理, 日常. Bookmark the permalink.