暁の道を…

南の島から戻って2日目、向こうでも続けていた夜明け時のジョギングを今朝から再開しました。まだ陽の昇らぬ薄明かりの中を、pekoの散歩でウォーミングアップを済ませると、ストレッチをして軽く走り始める。今朝からは、ウォーキングシューズに代えて新しいランニングシュースを履いて坂道を下れば、あら不思議、身体が前へ前へと押し出される感じなのです。片刃の和包丁と両刃の牛刀を使い分ける思いで、静かに家々の間を歩いたり走ったりするのでした。

調整池の畔の直線からお袋様の住むマンション群までは少し力を入れて走るのでしたが、いつの間にこんなに寒くなったのか、吐く息も少し白いし、両手が冷たくてならないのです。蕎麦屋まで歩いて坂を登れば、温まっていた身体は汗をかくでもなくまた冷えてくるのでした。お隣の農家の入口にはまだ秋桜が沢山咲き乱れて、遠く駅前の高層マンション群が見渡せる。気持ちのいい夜明けのひととき、今日も天気がいい。蕎麦屋へ寄って幟を立てて帰る亭主…。

朝飯前のひとときを居間の椅子にもたれていたら、「ご飯ですよ」という女将の声にハッと目覚める。早起きをして動いた後は暖かい部屋で座るとたちまち眠くなるのです。女将の朝ドラタイムが始まる前に「行ってきます」と蕎麦屋へ出掛け、新しく仕入れた秋のコーヒー豆を挽いて試飲するのでした。今朝はまず米を研いで炊飯器にかけ、750g8人分の蕎麦を打つ。平日だから、昨日残った蕎麦と合わせて、何とか間に合いそうな量なのでした。加水は40%強で十分。

打ち粉もほとんど使わずに丸出しから四つ出しに入り、75cmの幅に広げたら奥行き90cm弱になるまで本伸しをする。これが近ごろでは一番打ちやすい方法なのですが、内心では、早くもっと多くの蕎麦を打つ日が来ることを願ってやまないのです。八つに畳んで蕎麦切り台に乗せた生地の幅をメジャーで測れば36cm。一人前130gを越える量で切っても十分8人分は取れる計算だけれど、今朝は少し薄く伸したか切りべら23~25程の細い仕上がりとなりました。

10時前には蕎麦打ちを終え、ナスとキュウリの浅漬けを漬けて、いつもなら、2時間続けて動いたら一休みするのに、そのまま天麩羅の具材を仕込み、サラダの野菜を切り始めたから、身体の調子が相当にいいと感じる。ダイビング遠征の疲れも少し取れてきたのだろうか。晴れた空が広がっているだけで、気分は爽快。月曜日だけれど、もしかして、少しはお客が増えるかなどと夢想しながら、温かい蕎麦が出る時のために出汁に返しを合わせて火を入れておく。

昨日今日の営業だけで野菜は使い終わらないから、葉物は傷みも早いので、近ごろ高値のレタスもたっぷりめに使って大盛りのサラダを作る。今日のお客はサラダを頼めばラッキーなのにな。と、思っていたら、昼過ぎに最初のお客がいらっして、ヘルシーランチセットのAとBのご注文。サラダと蕎麦豆腐にせいろか天せいろ、そしてデザートのつくお得メニューがいきなり出たから、嬉しいこと限りなし。作った料理がどんどん出るのが調理人にとっては一番嬉しい…。

品のいいお婆様の話を聞けば、札幌からこの団地に越してきたという。「北海道の方は珍しいですね。うちも父方の親戚はほとんど北海道で…」などとやりとりをして居る間に、次のお客がカウンターに二組座ったと思ったら、天せいろの大盛りとぶっかけ蕎麦の温かいのと冷たいのと注文が入る。ぶっかけ蕎麦もかき揚げを揚げるだけだから、何のことはない。蕎麦屋にとって天麩羅は作る側も慣れてくればそう難しくはないのです。熱いうちに蕎麦を茹でてお出しする。

お客の来ない間にスタッフと端切れの蕎麦でぶっかけを食べたし、今日は庭の水まきのついでに、カブと春菊の間引きをして、間引いた苗を耕しておいた空き地に植える作業も終えたから、明日やろうと思っていた作業も短時間で簡単に終えることが出来た。何事も暇を見つけてどんどんこなしておくことが大切。身体の調子がよくないと、すぐに休みたくなるし、面倒になる。昨日は夜まで一日怠かったのだけれど、睡眠と食事と運動がリズムを回復させたのか…。

This entry was posted in 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.