南の島に別れを告げて…

帰る日の朝はいつも物憂いのです。今朝は雨が降っていたのを好いことにジョギングもお休みにして、朝食の時間まで床の中で過ごしました。身体に蓄積した疲労は若い頃と違ってなかなか取れるものではないのです。全身が筋肉痛の状態でストレッチをするのもやっとのこと。新しいお客がやって来て、船長は今日も朝早くから港に出掛けていました。朝食を終えたラウンジの窓から昨日までお世話になったアルカディア号がポイントに向かうのを見送った亭主。

他の帰り客もいるのに、奥様に車を出してもらって空港まで送って頂いた。外は雨、昨日までの奇跡のような晴天は、この10年で何度あっただろうか。半分は台風にぶつかって荒れた海に出るか、飛行機が欠航したり、南の島ならではの物語。島では海を渡って前線が通過するのが見えるのです。ちょうど本降りになってきた時刻に飛行機は定刻に離陸する。満席だと言うから、週末に帰る人々も多いのでしょう。亭主は明日の蕎麦屋の営業のために帰るだけ…。

一眠りしたらもう那覇の上空で、先年まで同じ倶楽部で一緒に潜っていたS夫妻の住む宜野湾が上空から見えました。ヨットハーバーの近くの高級マンションのペントハウスに住んでいるから、石垣島で再会ダイビングを楽しんだ日々も、娘とお宅を訪ねてご馳走になった日々も、台風で足止めを食らった那覇で一緒に食事をしたことも、今となっては懐かしい思い出です。先日、奥様からメールをいただいて、ご夫婦そろってのダイビングはそろそろ卒業なのだとか。

幾つまで潜れるのかとよく話題になる事があります。海メロにいらっしゃる常連さんの中には、亭主よりも歳の上の人も結構いる。サンゴ礁の中の流れのないところで写真を撮るくらいなら、ジョギングよりも楽ちんのような気がするけれど、日に何本も潜るのは気持ちが飽きてくるのかも知れません。カメラを持って潜るから、常に新しい被写体を求めていい写真を撮りたいと探求する気持ちが湧いてくる。蕎麦屋で常に旨い蕎麦を打とうとするのにどこか似ている。

いつもは下から眺める鱗雲を今日は下に眺めて、一路、飛行機羽田に向かう。近ごろの羽田空港は飛行機の数も多く、同時に違う滑走路に着陸する飛行機が見えるほど。預けた荷物もないのに、カウンターに寄って往きに持って行けなかったターボライターを受け取る亭主。空港内の例の寿司屋に顔を出して遅い昼食を取る。隣の席には白髪の品のいい老人がやはり一人でビールを飲んでいるのでした。店長を交えて酒の話から四方山話になって名刺交換…。

徳島からいらっした産婦人科の偉い方だった。色々なところで色々な人に出会うから旅は面白いのかも知れない。隠居仕事の蕎麦屋の亭主になって、人の話もじっくりと聞けるような年齢になってきたのかも知れない。「隠居仕事じゃ駄目だよ」と80歳になるというその老人が言っていた。医者は定年がないのだと言うけれど、蕎麦屋も自分が止めると言うまでやり続けられる仕事ではある。電車の中で2時間も眠って、車検の車を取りに行った帰りに仕入れを済ます。

This entry was posted in ダイビング. Bookmark the permalink.