寒かった日曜日…

夜に仕入れた食材を店に置きに行った時に、出汁取りの準備をしてきたから、蕎麦汁を早い時間に作らなければと午前3時に目覚めて蕎麦屋へ出掛ける。土曜日に帰って日曜日に営業をするというのは、やはり、かなり大変なことなのです。それでも休日はお客さんも多いから、少しでも店を開けたいというのが亭主の本音。今回の遠征を定休日を除けば3日間だけの秋休みにしたのも、そうした配慮があったからなのでした。眠い目をこすりながら暗い道を歩く。

日中は35度もある石垣島から帰って、気温8度の朝を迎えるとまるで真冬の寒さ。店の暖房を入れて3㍑の出汁を火に掛ける。その間に蕎麦豆腐を仕込んで、型に流して冷蔵庫に入れておく。今日のデザートは南蛮屋から仕入れた栗のバウンドケーキを出せばいい。1本700円もする代物だから、四つに切って一人分を出しても150円では元は取れない。それでも日替わりのデザートを用意しなければランチセットも出せないから、緊急用に用意をしておいたのです。

寒い日には温かい蕎麦の汁も必要だろうと、二番出汁を4㍑取って味噌汁用の鍋に今日の分を入れて、別な鍋に返しと合わせて1㍑ちょっとの汁を作り、残りは容器に入れて保存しておくのです。水で冷やしておいた蕎麦汁は蕎麦猪口に小分けして冷蔵庫に入れる。二番出汁も少し冷えたところで、鍋や容器ごと冷蔵庫に入れてやっと夜明け前の仕込みを終える。約2時間の作業を済ませたら、まだ暗い道を家まで戻って、あまり寒いからもう一度床に入るのでした。

目覚めたらもう7時過ぎ。pekoの散歩に出掛けなければと起き出すと、台所の女将が「疲れているようだからもう散歩に行ってきましたよ」と、有り難い言葉。ゆっくり朝食をとって8時前にはまた蕎麦屋へ向かう亭主。今朝は40%強の加水で1kg11人分の蕎麦を打ち、温かい蕎麦も出るだろうからと少し硬めに仕上げて生舟に入れる。小鉢も仕込んでいないから、天麩羅の具材を切る間にカボチャのいとこ煮を作り、ナスとキュウリを浅漬けを仕込んでおくのでした。

休日だからと野菜サラダは4人分皿に盛って、新しい胡麻油を天麩羅の鍋に入れて温めておく。大鍋の湯もチンチンと沸いて蕎麦茶の準備を終えたら、いよいよ開店の時刻。休日の助っ人の女将も店の掃除を終えて、味噌汁を作ったり、大根や生姜をおろしたりと準備に余念がない。日中も15度という寒さだから、果たしてお客は来るのだろうかと二人して心配するのでしたが、昼過ぎに隣町からいらっしたという老夫婦が、ランチセットと鍋焼きうどんのご注文でした。

鍋焼きうどんは11月からと思っていたから、奥の戸棚から鍋を出したり材料を用意したりと、ひやひやものでしたが、やはり寒いから、温かい物を注文したいのがお客様の心理。今日はカレーうどんのご注文もあって、新しいうどんの発注をしなければなりませんでした。休日はやはりご飯物とのセットメニューも随分と出て、有り難いことにこの寒い日にしてはお客は多い方なのでした。さすがに夜の営業は人影もなく、店のパソコンでひとりブログの続きを打つ亭主…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.