晴れて波穏やかな最終日ダイビング…

いよいよダイビングも最終日となって、夜明け前のジョギングは今朝は往復5キロを走ったり歩いたり、港までは片道4キロほどだと言うから、あと少しなのですが、朝食の時間には間に合わなくなる。伊原間の交差点まで600mという標識の場所で折り返して、坂道を上って宿に帰るのでした。心地よい汗をシャワーで流して、食事を終えたら今度は器材をそろえてダイビングの準備です。頼もしいのは昨日から同世代の男性ダイバーが加わったことなのです。

若い人の体力ペースは参考にならないから、慣れたダイバーなら同世代のほうが何かと気が楽というもの。それでも、器材のセッティングや船から潜行する早さは、若い連中にはまだまだ負けないという感じで、船のデッキで「他のお客が準備を終えるまでもう少し待っていてくださいね」と船長から言われるのでした。要するに、歳を取るとせっかちにもなるということ。今日も朝から、若い夫婦が「今日も3本潜ります。休暇はフルに楽しまなくては」と言っていたけれど。

宮城からいらっしたと言う常連さんは気さくでユーモアのある同世代ダイバー。「二日間マンタに行ったら、今日は北端の平野でしょうね」と、亭主と同じ事を考えていました。確かに港を出た船は北部に向かって、途中のビックポイントでまずは1本目。透明度は抜群で見えるところでは30mは視程があったのではないかと思われます。ハナゴイやタカサゴ、ウメイロモドキなどの大群が海の中で大運動会。北部の海は他のダイビングボートにも出会わずに独り占め…。

大きなフグの後を追いかけるようにウメイロモドキの子供たちが列をなして群れていくではありませんか。とても滑稽な風景。これは不思議な光景だと後から船長に聞いたら、群れる魚たちの習性として変わった姿の魚がいるとまずは様子を見に集まってくるのだとか。そういえば、私たちが潜って移動し始めると、あちらこちらから大群が寄ってくるようなのでした。人間の姿を見て「どんな奴らが来たのだろう」と好奇心を駆り立てて近づいてきたのかも知れません。

根の向こう側を進んでいく他のダイバーたちの姿が見えなくなるほどの魚の数なのです。みんな私たちを珍しがって見に来るのか。魚を見ていると思っていたら、実はこちらが魚たちに見られていたなんて傑作です。おかげて、その群れの中に入って沢山の写真を撮ることが出来ました。カメラの設定をし直す暇などないから、予備のカメラも使ってとにかく好いアングルでナイスショットをと息をつく暇もないのです。見ても見ても見飽きないほどの魚たちの群泳でした。

20mほどの深さの透明度の好いポイントを、2本潜ったところで若いご夫婦が満足したのか、「3本目は潜らなくてもいいですか」と言い出したものだから、老人ダイバーたちは内心ほっとしてのんびりと船の上で昼ご飯。三日間の蓄積疲労もさることながら、タンクの空気を吸って蓄積する身体の中の窒素を抜くためにも、本当は飛行機に乗る20~24時間前にはダイビングを切り上げたい。宿に帰った午後はゆっくりとシャワーを浴びてログ付けをする亭主なのでした。

10月の末にしては珍しいと思うのだけれど、宿のお客は一組が帰ると次の日にはまたお客が来る。週末を利用して来る客もいるのか、昨日今日共に満室だから、奥様の手料理を並べた夜のラウンジも和やかな会話で満ちあふれているのでした。高知からいらっしたというお医者さんご夫婦とも二日間一緒に潜ったから、自然と口数も多くなる。亭主はお料理の量を減らしてもらいながら、泡盛のお湯割りをお代わりする。信楽焼きの湯飲みがまたなんとも美しい。

皆が食事をし終えた頃に、やっと締めの八重山蕎麦が出て、今日の宴も幕を閉じるのでした。休暇を楽しむ若いご夫婦たちに別れを告げ、部屋に戻ってブログの続きを書くのですが、いつの間にか明かりを点けたまま夢の中。秋休みという名目で臨時休業をした蕎麦屋は明後日の日曜日から営業。仕入れも仕込みもしない久しぶりの休暇は、亭主にとっていったい何だったのでしょうか。やはり、「ダイビング遠征」以外の何ものでもないと言う気がするのだけれど…。

This entry was posted in ダイビング. Bookmark the permalink.