絶好のダイビング日和…

今回の遠征は天気に恵まれそうだと期待して来たのでしたが、果たしてダイビング初日から快晴の空。夏の遠征で毎晩のように海メロの奥様の美味しい手料理を食べ過ぎたせいか、体重が増えたのを反省して、今回は一週間ほど前から早朝のジョギングを始めた亭主でした。島に着いてからも、せっかくのいい習慣を途切れさせるのはもったいないと、日の出前、うっすら赤く東の空が染まる頃に宿を出て、歩いたり走ったり。目標は港までの5キロなのですが…。

往復すると10キロになるから、これはフルで走らないと7時30分の朝食タイムまでには戻れない。しかも、海メロのある高台から港まではアップダウンの繰り返しながら降りていく一本道なのです。初日は往復3kmほどでやめておきました。それでも気温が高いから汗びっしょりだから、宿に戻ったら、即、シャワー室へ駆け込む朝でした。今朝は洋食バージョンのパンの出る日で、さわやかな朝日の当たるラウンジで、同宿のお客さんと話をしながらの和やかな朝食。

体験ダイビングのお客さんが一緒だったからか、綺麗なサンゴ畑でゆったりとした時間を過ごした1本目。残念ながら、この夏の海水温の上昇で、サンゴの褐虫藻(かっちゅうそう)が逃げ出して、白化したサンゴが所々に見られた。魚たちはそんな温暖化の影響もどこ吹く風なのでしたが、長い期間には魚の生態系そのものにも影響は出てくるかも知れません。地球規模での取り組みが急がれる問題なのですが、ダイバーほどには関心を持つ人はまだ少ないかも。

この時期はマンタが多く飛来する時期とあってか、私たちを乗せたボートはマンタポイントへ。果たして、何枚ものマンタがホバーリングをする根の周りには沢山のダイバーたちがカメラを構えているのでした。ちょうど9年前だったか、パラオから帰って、石垣島にマンタの写真を撮りに来るようになって、ニコノスのフィルムカメラでその姿を撮ったのを覚えています。それが今では、皆がデジタルカメラで簡単に写真を撮れる時代になって、隔世の感のある亭主でした。

お腹の辺りに何匹ものコバンザメを引き連れて、勇壮な姿で泳ぐマンタはやはり近くで眺めると圧巻です。大きな両翼を羽ばたくようにして、水中を進む姿がとても優美なのです。多くのダイバーたちがこの姿を見るために集まるのも無理はない。しばらく根の上を旋回したかと思うと、今度は近くの根を行ったり来たり、カメラを構えて見上げる私たちの頭上を通り過ぎるときの興奮は、言葉に表しようもないほどです。皆、息をこらえてエアーの上がるのを防いでいる。

船上で昼食を取った後はしばらく休憩して、午後のポイントに向かいます。何遍も来ている場所なのに、その時その時で海の表情は違う。今日はウメイロモドキやユメウメイロなどの色鮮やかな多くの魚の群れが行き交って、すっかり私たちを魅了させてくれるのでした。海の中に広がる小高い丘や入り組んだ谷をぐるりと回りながら、今日最後のひとときを楽しむ。船長にお願いして新しく購入してもらったフィンが少し長めで、負荷がかかりすぎるためか足が攣る。

一蹴り一蹴りでぐんと進む距離は嬉しいのだけれど、もう少し脚力を付けなければいけない。さすがに日に3本のダイビングは疲れるから、帰りの船の中では皆言葉少なになる。宿に帰ってシャワーを浴びたら、夕食の前に一日一緒に潜って仲良くなった皆で祝杯を挙げるのでした。夕刻までのわずかなひとときにログ付けをして、その日撮った写真のデータをパソコンに取り込む。夜はこのブログに掲載する写真を選んで、そのまま深い眠りについてしまう…。

This entry was posted in ダイビング. Bookmark the permalink.