今日もダイビング日和で…

今朝も夜明け前の薄明かりの中を港までの道をジョギングに出ました。ちょうど1.5kmほど走った橋の上で日の出の時刻。今日はここで引き返すことにする。帰り道はずっと上り坂だから、ゆっくりと歩いて、少し下りなったところだけは軽く走って往復3kmちょっと。シャワーを浴びたら朝食の時間になるのでした。海メロのラウンジから眺める海は今日も穏やかで快晴の天気。短い休暇を終えて帰る人、新しく来る人。ペンション「野空海」の客の別れと出会いの時。

水深20mの海の中から青空に輝く太陽を見上げるとこんな風に見えるのです。水も澄んでいるから、今日は潮が流れて見えるところでは30m近い視程がありました。宿に昨日いらっしたお客様のリクエストだとかで、幸か不幸か今日もマンタシィティに出掛けていく。亭主の世代の乗船客は他にも一人。午前中2本のダイビングで終わるはずが、マンタが見られるならと最後まで付き合うことになったのでした。亭主も船で待っているのだけは嫌だから潜る準備をする。

今日も大勢のダイバーたちに見守られながら、マンタ劇場の開幕なのでした。私たちがマンタを見るために岩場に身を潜めると、どこからともなく一枚のマンタが悠々と様子を窺うように現れて、次々と根の上を旋回し始めるのです。マンタシィティーやマンタスクランブルでは、マンタに触れてはいけない、マンタの通り道に立ってはいけない、マンタの旋回する根には顔を出してはいけないなどと、沢山のルールがあるから、撮影に夢中になるとガイドに叱られます…。

このポイントでは、一回に潜れるダイバーの数がだいたい決まっているから、いつも海上でダイビングボートは順番待ちをするのだそうですが、今日はダイバーの数が少なかったせいか、身体を固定する岩場も昨日よりも空いていたし、ガイドの昌子さんが背中を押して私を特等席に案内してくれるではありませんか。これでナイスショットが撮れなければ申し訳ないと、じっと息をこらえる亭主なのでした。その後ろ姿をちゃっかりと写してくれたのは船長でした。さすが。

今日も3本のダイビングを終えて、くたくたになって宿に戻ると、器材を洗ってシャワーを浴びたら、もう3時近いのです。このブログの記事が遅れて掲載されるのは、夕食までの時間に3台のカメラで撮った1000枚もの写真をパソコンに取り込んで、どれを掲載しようかと選定してサイズを縮小する作業までしか進めないからなのです。午前中に2本のダイビングなら、疲れ方も違うし、時間があるから昼寝をしてもブログを書いて夕飯のひとときを迎えるのですが。

夕食はいつも酒の肴のオンパレードだから、どうしても一杯飲んでしまう。するともう瞼は重りをぶら下げたように重くなってくるのです。夜中に目が覚めればまだしも、3本潜った日は、やはり朝まで目が覚めません。朝は日の出前にジョギングに出るから、また、次の日のダイビングが始まって…という具合に、「南の島に旅行ですか?」と言われるとちょっと違和感があるのです。宿と海との往復だけ。半魚人潜水倶楽部の「ダイビング遠征」という言葉がふさわしい。

This entry was posted in ダイビング. Bookmark the permalink.