秋休みは…

久しぶりにお稽古がお休みの女将は横浜の娘に会いに、秋休みの亭主は石垣島へダイビングに出掛ける朝。どうせなら二人で羽田まで一緒に出掛けて、空港の美味い寿司屋で昼を食べないかと亭主が誘うと、寄り道の上に途中下車して珍しく女将が付いてきたのです。カウンターの奥にいる店長に女将を紹介すると、「今日は本気で握りますから…」と、江戸前のネタを幾つも出してくれた。亭主の酒の肴もからすみや鯛の酒盗などと確かに今日は気張っていた。

高級食材ばかりだったから値が張るだろうと、亭主は腹七分で店を出て女将を改札まで送ると、早速、手荷物検査場を通って待合室に向かったのですが、夕飯までには腹が減るだろうと「新蕎麦入荷」と看板の出ている蕎麦屋へ入ったのです。冷たい蕎麦はせいろ蕎麦と山菜蕎麦の2種類だったから、注文をしたのは好いけれど、やはりこういう場所で食べ比べても仕方がない。氷を敷いたぶっかけ蕎麦で、広口どんぶり一つ。値段はさすがに場所柄だけはある。

いい気持ちで酔いが回って飛行機の中では熟睡する亭主。気がつけばもう石垣島上空だから気楽な移動日です。いつものように空港まで船長が迎えに来てくれたけれど、今日は他に女性客が二人いて、ペンション野空海(のぞみ)は晩秋になっても賑わっているようなのでした。3ヶ月ぶりで訪ねた海メロは、つい昨日までのように変わりなく時が流れている。いつものように、伊原間湾の景色を撮ろうとしたら、今日は若いお二人が画角の一部に入ってくださった。

夕食時のラウンジはいつになく賑やかで、奥様の手料理もまた一段と磨きがかかっている。ヒメフエダイの煮付けは、関東で言えば金目鯛の煮付けのようなもの。身体にいいというモリンガの葉を添えて、亭主の好きな薄味でしっかりと煮付けられていました。一人で食べるには少し量が多いのでしたが、泡盛のオンザロックをお代わりして、綺麗に平らげてしまうからやはりカロリーオーバーなのでした。デザートにはパパイアのヨーグルト添えが出て舌鼓を打つ…。

夜は皆で満天の星を眺めて、船長が星座の解説をしてくれる。天の河にかかったカシオペアも他の無数の星々に埋もれてしまいそう。天頂付近には白鳥座がやはり天の河を渡るように瞬いている。都会では見ることの出来ない見事な星空なのです。家の女将に電話をすれば、無事に横浜から帰った様子で、娘ともゆっくりと話が出来て好かったと喜んでいるから一安心。明日はいよいよダイビング初日で、どこへ連れて行ってくれるのやら。それにしても暑い夜。

This entry was posted in ダイビング, 料理. Bookmark the permalink.