全身が心地よい筋肉痛の朝…

寒いと感じるほどの朝でした。pekoにも半纏を着せて朝の散歩に出る亭主。いつものように蕎麦屋へ寄ってまずは糠味噌を漬ける。今日も営業しますよと幟を出して、店の前の道を通る車にアピールする。朝夕は、結構、車の数が多いのが最近の傾向。「前から気になっていた」と言うお客もいるから、まんざら効果がないわけでもなさそうなのです。散歩の老人も天せいろの写真を見ていく。日の出がまた遅くなったのか、東の森に陽が昇ろうとする時刻は6時。

家に戻ってpekoの足を拭いて居間に入れたら、今度は5日目になるジョギングに出掛ける亭主。寒さのせいか、連日の疲れか、全身の筋肉がミシミシと音を立てるように感じる。家の前の通りに出て、準備運動をしたら、重い身体を引きずるように坂道をトコトコと駆け下りていくのです。身体が温まってきたところで、今度はウォーキング。いきなり連続で走るにはまだ準備が足りない。何処かの小母さんがやはり運動着姿で道を歩いている。これはお仲間ですな。

直線の続く道路はなるべく走って、曲がり角の続く道や坂道で歩くようにしている。お袋様の住むマンション群を抜けると、蕎麦屋のある高台に出るのです。ここで一気に蕎麦屋の駐車場まで走り出す。お隣の農家のお爺さんが植えた秋桜の向こうに駅前の高層マンションが見える。今日も爽やかな秋晴れです。陽が昇ったら少し寒さが和らいだけれど、汗をかくほどではないから、やはり暖かかった昨日とは違う。蕎麦屋の「手打そば」の幟が朝日を浴びてよく目立つ。

今朝も早くから蕎麦屋へ出勤したけれど、明日から秋休みなのであまり仕込むものがない。時間があったから庭に出て、草取りの仕上げ。明日はゴミ回収業者の来る日だから、70㍑のポリ袋3つ分の草木を出した。ナスやオクラの木も全部抜いて、次の種まきのために肥料をやって耕しておく。ピーマンだけがまだ実を付けて花も咲いているから不思議。このところ、ミニ菜園のピーマンだけで店で使う分は足りているから有り難い。九条葱は今日の分で終わり…。

お客は少なかったけれど、丼物のセットが出てご飯ときのこの味噌汁は全部売り切れ。残った食材を持ち帰るのが一苦労なのですが。冷蔵庫を空にして綺麗に掃除をしていたら、いいタイミングで女将が来てくれてビニール袋二つ分の荷物を持って帰ってくれた。スタッフと一緒に蕎麦屋を出て、亭主は隣町のディーラーまで車検のために車を持っていく。帰り道の3kmを歩いて帰ったから、今日は朝から6km近く歩いたことになる。全身が筋肉痛で明日は遠征に出発。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.