ボブ・ディランを聴きながら…

昨夜は10時に就寝、今朝は5時起床。水分を補給して5時半にはジョギングに出掛ける。いつもと同じ2kmのコースを、歩く時間を減らして、少しだけスピードを上げて走って見たら、思ったよりも快調でした。蕎麦屋まで来てクールダウン。ついでに糠味噌にナスとキュウリを漬けて、コーヒーを一杯。家に戻って牛乳をコップ一杯飲んで、今度はpekoの散歩に出掛ける。万歩計はもう4000歩を越えて、涼しいのに汗びしょになっているから、朝の運動として素晴らしい。

再び蕎麦屋の厨房で一仕事して幟を立てたら、玄関脇の長椅子でコーヒーを飲みながら一服する亭主。快適な睡眠と快適な目覚めが新しい生活のリズムを作っているらしいのです。家に戻ってシャワーを浴びて髭を剃る。そして、出勤する服装に着替えて女将と一緒に朝食を食べる。うん、このペースなら夜の10時に寝ても満足。今朝は随分と気持ちがいいのです。今朝の朝食はサラダとベーコンエッグにお新香と納豆。摂取すべき栄養を考えたメニューが嬉しい。

いつもよりも早く8時前には蕎麦屋へ出掛け、建物中の窓を開け放って乾いた空気で換気する。ボブ・ディランの曲をいつもの倍の音量で流して爽快な気分でした。畑に囲まれて隣近所に家がないから、誰に気兼ねをすることもないのです。木曜日と日曜日の朝は、消防団の建物の影で地元の農家のお婆さんたちが朝市を開く。蕎麦屋の前を通って早くから野菜を買いに出るお年寄りがちらほらといるだけ。亭主は蕎麦打ち室に入って今日の蕎麦打ちを始める。

水回しを終えた蕎麦粉は色が変わるまで十分に捏(こ)ねる必要があるのですが、体重を掛けて蕎麦粉の中の水分を押し出していくというイメージ。色が変わって熟(こな)れてきたら菊練りに入るのですが、誰に教わったわけでもないのでこれはいい加減。蕎麦打ちの教本ほどにはこの意味を理解していないのではないかと思いますが、見よう見真似で地伸しに入る。今朝は生地の状態がよくて打ち粉もほとんど使わなかった。日ごとに思い通りに打てる気がする…。

750gの生地を75cmの幅で奥行き90cmで畳んで包丁切り。今朝は切った蕎麦に定規を当ててみたけれど、これでは太さは判りにくい。計算では、1.5mm強だから嬉しくなってしまう。当分、このパターンで蕎麦を打って腕を上げていくのが一番だと一人で納得しているのでした。日曜日だというのに、お客の数も先週より少なく、こればかりはどうにもならないから、手伝いに来てくれた女将と四方山話をする真昼時。明日は秋休み前の最後の一日だというのに…。

それでも、空いた時間には庭に出て、草取りをして歩くから身体は休まない。蕎麦屋の前の畑では、日曜日だというのにトラクターを出して畑を耕している。昨日も、お隣のお爺さんが蕎麦屋の脇にある畑の縁の草刈りをしていた。女将が「いつも綺麗に有り難うございます」と挨拶をしたそうだけれど、聞こえているのかいないのか、黙々と作業を続けるだけなのでした。農作業をする農家の人たちには、季節ごとに色々教えられるから本当に頭が下がる思いです。

今朝は開店一時間前にはサラダも小鉢も作り終えて、後はお客を待つばかりなのですが、これが一番難しい。昨日の賑わいはどこ吹く風。これが田舎の商売なのでしょう。今日のお客でマグロ丼セットを頼まれた若い方が、「マグロの色が悪いな」と呟いていたと女将に聞いて、その場にいれば説明したのにと残念がる亭主。市場から冷凍で送られたマグロを、注文を受けてから30度のお湯で解凍して、赤味を出すのだけれど、上手くいかないものもあるのです。

食材が古いのではなくマグロの肉の質なのだろうと思うのですが、綺麗に全部食べていただけたので、安心しました。小分けで袋詰めされているから、肉の部分部分で質の差があるのは如何ともし難い。バチマグロの切り落としだから食べて味が悪いはずはないのです。あんまり悔しかったから、同じ袋に入っていた肉を夜に家に帰って刺身で食べてみたのですが、色も赤身のその色だし、マグロを知らない人の言葉としか受け取りようがないと言うのが結論でした。

夜の営業は先週とはうって変わってお客もなく、これが商売というものなのだろうと、田舎の蕎麦屋の亭主は手持ち無沙汰。秋休み中の新聞も止めてもらったし、冷蔵庫の中も明日は空っぽにしなければならないから、今日のうちに持ち帰れるものはすべて家に持って帰る。残念だけど、残った昨日打った蕎麦を二食持ち帰る。本当は十分に美味しく食べられるけれど、三日目の蕎麦は出さないと決めている。さて、明日の蕎麦打ちはどうしたものかと思案のしどころ。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.