懐かしい顔ぶれがお客様の週末…

昨日は、朝のジョギングから昼の蕎麦屋の営業をして、更に夕刻はプールで泳いだから、夕食の後は風呂に入って早々に床に就いた。と、いうよりもう起きていられないほど眠たかったのです。お蔭で今朝は3時過ぎから目が覚めて、水やお茶を飲んで一休みしたら、また夜明け前のジョギングに出掛ける亭主。一度始めたら続けなくてはという思いもあるけれど、身体が自然と走りたくなるから不思議なのです。帰り道に蕎麦屋へ寄って糠漬けを漬けて家に帰る。

さすがに、朝食まではだいぶ時間が合ったから、1時間ほど床に入って一眠り。そして、再び目覚めたらもうpekoの散歩の時刻なのでした。再び蕎麦屋へ出掛けて今度は出汁を取る準備をして、女将と二人で朝食を取る。亭主の要望が聞き入れられたのか、今朝はおかずに肉と野菜が出てきたから、元気いっぱい。8時過ぎには三度、蕎麦屋へ出掛けて朝の蕎麦打ちを開始するのでした。今朝も750g8人分の蕎麦を打ち、昨日打った蕎麦と合わせて昼まではもつ。

夜の分が足らなくなれば午後から追い打ちをする覚悟で、今朝も四つ出ししたときの角が薄くならないように丁寧に作業を始めました。蕎麦打ち台の75cmのマークを目安に、90cmの長さに生地を伸して畳めば、当然のことですが昨日と同じ幅の八つ折りが出来上がる。今日は切りべらを23本に増やして、昨日よりも少し細く仕上げてみました。これが、霊犀亭の蕎麦の理想の姿。計算上では1.6mmほどの太さになる。生地が均等な厚さになっているから成功…。

狭いながらも楽しい我が蕎麦打ち室。お客の少ない日が続くので、同じ750gで毎日蕎麦を打つから、コンパクトに仕上げが出来るようになってきた感じがする。これを1kgでも同じように仕上げられれば、二回打って日に20人分は蕎麦を打てる計算です。これが現在の霊犀亭の夢。去年並のお客が入れば、仕入れの工夫もしてきたから、何とか赤字経営から脱却できるのですが、これがなかなか難しい。今はただ、腕を磨くばかり。今日も30分前に仕込みが終わる。

あらかじめ連絡をもらっていた昔懐かしい顔ぶれのお客様は、11時過ぎにはタクシーで店の前まで乗り付けたのでした。二人だと聞いていたのに四人も来てくれたので、嬉しいやら仕込みの量が足りなかったかと心配するやらで、女将共々慌てて用意をする始末。皆さん好い年頃で働き盛りの人生を謳歌する年代に入っているではありませんか。何年ぶりかでお会いしても、名前を覚えていたからほっとする亭主。変わらないのはお互い様で昔のままの姿…。

皆さんの了解を得て厨房からのワンショット。40年の月日がまるで嘘のようなのです。40年前のあの頃と同じように、彼女たちが輝いて見えた。別れに店の玄関先で営業中に記念撮影。こんな素敵な日もあるのだと、女将と二人で嬉しくなっていたら、まだまだ営業中だから当然のようにお客は来る。涼しすぎる一日だったけれど、平日並みのお客の入りで、定刻には暖簾を下ろして、一旦家に戻って一眠りする。先週は夜もお客があったけれどいつも同じではない。

夜はお客の来ないことをいいことに、月末のダイビング遠征後の返しを5㍑の鍋でたっぷりと作って、天麩羅の具材を切って明日の仕込みを終える。それでも時間があるから、買ったばかりの牛刀と薄刃とベティーを砥石で研ぐ。これで小一時間は暇をつぶして、やっと今夜の営業も終了。帰り道、スポーツクラブから帰る女将にばったり出会って二人仲良く家に帰る。「皆さん楽しそうで好かったわね」と、女将も自分たちの昔を振り返る。元気をもらった一日でした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.