晴れ渡る青空も寒さの底で…

今朝は朝食を終えたら直ぐに蕎麦屋に車で出掛けて、地域の子ども会の廃品回収に出す段ボールを取ってくる。子供のいる家庭が輪番で集積場になるらしく、新聞紙は各家庭の前に出しておけばいい。いつもの時間に女将に珈琲を一杯入れてもらったら、いよいよ今日の仕入れに行くのでした。お袋様を迎えに行けば「寒いねぇ」と車に乗り込んでくる。農産物直売所で白菜や大根を買って、ホウレン草ももらって隣町のスーパへ向かうのです。

蕎麦屋の常連さんでもある農家の親父様が野菜を運んで来て、挨拶をすれば「コロナでお店も大変でしょ」と言われ、「土日の夜の営業を止めました」と応える亭主。アスパラがとても高くなったので、親父様の持って来た芽キャベツを代わりにサラダに添えようともらって帰る。今日は買い出しのメモを作ってこなかったけれど、大体は頭に入っていたから籠に入れたけれど、店に帰って検品をしたら、やはり三ツ葉と胡瓜を買い忘れていた。

お袋様が物干し竿のビニールカバーを買いたいからホームセンターへ行ってくれないかと言うので、野菜を冷蔵庫に入れて白菜の漬け物となた漬けの大根に塩を振って、重しをかけて下準備を済ませたら、昨日残った蕎麦を持って迎えに行きました。今日は女将がスポーツクラブから帰るのが遅いので、昼飯までは十分に時間があったのです。お袋様が目当ての品を捜す間に、消毒液や台所洗剤などの店の消耗品を買って、隣のスーパーへ行く。

ここで今朝買い忘れた三ツ葉と胡瓜を手に入れて、辛味大根はないかと捜したけれど、店員に聞いても今日は入荷していないということだった。お袋様を豚肉のコーナーに案内して、他ではあまり売っていない生姜焼き用のロースの厚切りを教えたやったら、これは便利だと言って買って帰る。蕎麦屋に買って来た荷物を置いたら、家に帰って一休みです。仕入れのデータをパソコンに入力して、女将の帰るのを待つのでしたが腹が減ってきた。

昨日、届いた豚のハラミとカシラの肉を、試食用にと一袋家に持ち帰っていたので、どうせ昼は蕎麦だからと、蕎麦を茹でる大鍋に水を張って火にかけながら、グリルでカシラを焼いて珍しく昼から酒を飲む。空いたグリルには昨日の残りの天麩羅を並べ、食卓には箸や器を用意して辛味大根をおろし、女将には普通のおろしを用意する。居間でテレビを観ながら昼の一献。蕎麦屋の客にでもなったつもりでこれは快適だとリラックスする亭主。

女将が帰ったら早速蕎麦を茹でて、グリルに火を入れる。辛味大根が蕎麦にはよく合うと見えて、至極満足な昼食を終えた。しかし、食後は案の定、横になってぐっすりと眠ってしまうのでした。目覚めればもうだいぶ陽は傾いて、蕎麦屋に戻って午後の仕込みを始める。朝のうちに準備しておいた出汁を取って、二番出汁は追い鰹で 5㍑の鍋に一杯の量を取る。やはり、冬場は温かい汁が沢山必要なのです。取った出汁を冷やして鍋類を洗う。

調理台が片付いたところで、朝のうちに塩で漬けておいた大根から大量の水がでていたから、水を絞って甘酒の素と砂糖を入れ、全体に行き渡ったら柚子皮の千切りと京唐辛子を加えて、また漬け込んでおくのです。これで午後の仕込みを終わりにする。洗濯機の中の洗い物を干して、カウンターの上に干してあった昨日の洗い物を片付け、冷たい風の空くみずき通りを渡って家路につくのです。ちょうど夕陽が家々の屋根に沈む頃なのでした。

女将は相撲中継のテレビを点けながら夕飯の支度をしている。最近は亭主よりもよく相撲を見るようになった。亭主は贔屓の力士が休場になったのを知っているから、あまり関心がない。居間のテレビで映画を観ながら、食堂のテレビが立ち会いの場面になったら、チャンネルを切り替えて見る程度。鰯の塩焼きと蒸し野菜で夜はご飯を食べた。久し振りの鰯が脂がのって美味しい。明日は大寒で佐倉は朝の気温が-5℃だと言うから寒そう。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.