今日は遅かった青空と陽の光…

朝のうちは曇り空でしたが、蕎麦屋に出掛ける頃になって少し青空が見えた今朝の天気。寒い朝だったから、陽射しが欲しいのに薄曇りで弱々しい陽の光なのでした。庭の金柑も女将が採り始めた日には雨が降ってきたとかで、そのままになっていたら、だいぶ鳥に食われてきたようです。今日は気温が上がらないと言うから、毛糸の帽子に手袋をしてオーバーズボンまで履いて蕎麦屋まで歩く亭主。まだまだ冬の寒さが続きそうなのでした。

それでも蕎麦屋の室内は 7℃と、一番寒かった頃に比べたらまだ動ける温度。暖房を入れて朝の仕事を片付けているうちに、蕎麦打ち室も10℃近くまで室温が上がってきた。湿度は49%だったから、思い切って今朝は46%の加水で蕎麦粉を捏ね始めるのでした。それでもまだ少し硬めの生地に仕上がるから、どうもよく分からない。ひび割れる程ではなかったので、蕎麦玉をでっち上げたらビニール袋に入れて、寝かせる間に厨房へ戻る。

蕎麦汁を蕎麦徳利に詰めて、今日打つ蕎麦の数だけ用意しておきます。今週はお客の数が少なかったから、二回出汁を取って蕎麦汁と天つゆを作ったけれど、どうしても少し余ってしまうのです。天つゆは家に持ち帰り、蕎麦汁は木曜日に使って終わりぐらいだから、明日はまた出汁を取らなくてはならない。かえしもそろそろなくなるので、また仕込みなくては。減塩醤油や鰹節、昆布、干し椎茸などは、皆、値の張る食材ばかりなのです。

蕎麦打ち室に戻って今日の蕎麦を打つ前に、頼んでおいた豚のハラミとカシラが届く。いろいろな業者から取り寄せて試したのだけれど、結局、一番値段の高い業者の肉が品質が良いので、値上げをする時期までは、原価を割ってもお客に提供することにしたのです。先週末のお客の中には、ビールを頼んでも串焼きがなく、「楽しみにしてきたんだよ」と言う人もいたのでした。小袋に詰められて少量ずつ使い易いのは、メリットではあるか。

明日の仕入れの金を残すために、今週は現金払いの業者には食材を頼まなかった。定休日前の平日なので、外の寒さもさることながら初めからお客は見込めない。それでも金柑大福を三皿包み、野菜サラダの具材を刻んで二皿だけ盛り付けておきます。時折、雲間から陽の光が差すこともあるけれど、これは晴れとは言えないと、日中は晴れると言った天気予報を恨めしく思うのでした。風は北東なのに、上空の雲は南から北へ流れていきます。

11時過ぎに仕込みがすべて終わったので、残りそうな天麩羅の具材を揚げて、スタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べておく。蕎麦は昨日と一昨日の端切ればかりだけれど、太さが揃っていたから美味しく食べられた。蓮根や玉葱の甘さが際立つ。かき揚げは天ぷら粉を薄く溶いて、高温でパリッとするまで揚げるのが一番のようです。ものの5分で食べ終える亭主は、スタッフがまだ食べている間に、奥の座敷で食後の一休みをするのでした。

西の空には青空が見えるけれど、東の空はどんよりと曇ったままで、太陽は薄い雲間からぼうっとした日光を投げかけるだけ。陽射しが出ないとやはり寒いから、あまり前向きには慣れない開店時刻なのでした。それでも昼前には、近くのマンションからいつもの若い常連さんがいらっして、とろろ蕎麦の大盛りとビールのご注文。カウンターの隅に隅に座って、テレワークの昼休みといった感じで、黙って食べ終えたら「また来ます」と帰る。

洗い物も片付けもほとんどないから、残った天麩羅の具材を揚げて、冷蔵庫の中の食材をとりまとめて、亭主は大鍋を洗うのでした。女将の来る時間には珍しく店の鍵を閉めて、一緒に家に帰るのです。二人でお茶を飲みながら、残った金柑大福を食べる。女将が郵便局へ出掛ける間に、昼飯の早かった亭主は持ち帰った天麩羅を焼き、ご飯をチーンしてこれも持ち帰った新香を皿に盛って早い夕飯を食べる。夜は久しぶりのプールでひと泳ぎ。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 経営, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.