南風が運んだ四月の暖かさ…

今朝は霜が降りなかったけれど、当然ながらまだ寒いのでした。蕎麦屋で残った野菜サラダに肉を載せて、女将の作る蒸し野菜。最近は、亭主も食べるようになって、朝は身体が温まるから好いと分かった。ところが、亭主は三日目になる蕎麦も持ち帰ったから、朝から寒いけれど豪華に冷たいざる蕎麦です。辛味大根の残りも持ち帰ってあったので、すり下ろして蕎麦汁に入れ、ヒーヒー言いながら蕎麦を啜る。家で食べるのがもったいない。

日中は四月並みの暖かさだと言うから、今朝は帽子も被らず手袋もせずにみずき通りを渡ったのです。空は雲一つなく晴れ渡っているから、今朝の天気予報は信頼できそうなのでした。蕎麦屋に着けば、室内も9℃といつになく暖かく、蕎麦打ち室も7℃だったから、朝の仕事を終えて葱切りを済ませたら、空になった蕎麦徳利に蕎麦汁を詰めておきます。打つ蕎麦の数は昨日の夜からいろいろと悩み抜いて、750gを打とうと決めていました。

生舟にはまだ随分と蕎麦が残っていたので、もし、今日お客が少なければ、負の連鎖で明日にも影響が出るのです。けれど、土曜日で暖かくなるというのに、残りの蕎麦が少なくて心配しながら営業するのは嫌だと考えたから、思い切って14食の蕎麦を用意することになりました。加水率は45%強で、コロナの時期になって打ち慣れた分量を綺麗に確実に仕上げて行く。今日のお客に「機械で切ったように蕎麦が揃っていますね」と言われた。

勿論、そんな日ばかりではないのだけれど、褒め言葉は素直に聞くのが上達の道しるべ。今日は晴れて気分も好かったし、いつもより室温がかなり高かったので、身体の動きが好かったのかも知れない。雑念が入ると包丁打ちでも切りむらが出ると言うのは、長い経験の中で感じていることなのです。それがまだ未熟なのだとは、いつも思っているのだけれど、人間の身体の動きは精神的なものにかなり影響を受けるものなのだとこの歳で悟る。

厨房に戻って金柑大福を四皿包んだら、野菜サラダの具材を刻み、週末だからと三皿盛り付けておきます。11時過ぎに仕込みが終わったので、亭主はぶっかけ蕎麦におろしを載せて簡単に昼を済ませておく。端切れの蕎麦のはずだけれど、綺麗に切り幅が揃っていた。暖簾を出せば、すぐに三人連れの作業着を着た若い会社員がご来店。鴨せいろの大盛り二つにカレー蕎麦の注文だったから、天麩羅鍋を降ろして同時進行で調理を進めるのです。

まさか今日これで終わりではないだろうと思っていたら、暖かさのせいか次から次とお客が来るから久々に仕事をした気分なのでした。それでもちょうど好い間隔でお客がいらっして、満席の看板を出さずに済んだから、洗い物も出来たし注文も途切れなかったので、忙しくても嬉しさの方が勝っていたのです。今日のお客の入り具合をみると、コロナのせいでお客が来ないのではなくて、寒さのせいで来ないと言うのが証明されたという感じ。

最後の方にいらっしたご近所の常連さんは、例によってビールと串焼きのご注文なのでしたが、「ご免なさい。月曜日にならないと肉が入らないのですよ」とお断りしたら、天麩羅の盛り合わせと鴨葱の塩焼きのご注文。洗濯機を回したままなのでと今日はビール二本とせいろ蕎麦の大盛りでお帰りになる。カウンターに座ったもう一人のお客は、友だちに紹介されたとせいろ蕎麦を頼まれ、蕎麦湯まで堪能されて、デザートのご注文でした。

終わってみれば、この時期には珍しく10人を超えたお客様なのです。洗い物と片付けを済ませて、女将と蕎麦屋を出たのが2時半過ぎ。今日は女将の誕生日だったから、鮨でも買ってこようかと言ったけれど、あまり乗り気ではなかったらしい。夜の営業がないから、亭主は夜の防犯パトロールに行かなければならないのでした。ひと眠りして相撲の時間にまた三日目の蕎麦を茹でて食べる亭主。三食蕎麦を食うのは蕎麦屋の亭主としては本望。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.