一転、雨や曇りの寒い一日…

霜こそ降りてはいなかったけれど、毛糸の帽子と革の手袋をして蕎麦屋に出掛けた寒い朝なのでした。途中から小雨が降り始めて、雪にならないだけましかと思えたのです。店の中の気温はいつもより高く、蕎麦打ち室も7℃もあったのに、何故か足元から冷えてくるのです。これは動いていないと風邪をひくと思って、早々に蕎麦を打ち始める亭主。今朝は45%強の加水率で蕎麦粉を捏ね始めたら、しっとりとした生地を仕上げられました。

昨日の蕎麦が生舟に半分以上残っていたから、今朝は500gだけの蕎麦打ち。この天気ではお客は見込めないので、スタッフと食べる賄い蕎麦の分をいれて、13食の蕎麦を用意したのです。お客の数が週末でも10人を越えないこの時期だから、当然、蕎麦派は残るだろうとは思っていたけれど、明日が土曜日なので、開店前の仕込みに追われながら、二回打つよりも今日の残りと一回打って、時間に余裕を持って臨みたいと考えていたのです。

金曜日は蕎麦豆腐や金柑大福など、前日に大方の仕込みは済ませているから、蕎麦打ちが終わったら後は野菜サラダの具材を刻むだけ。11時前にはもう開店の準備を終えたので、少し早かったけれどかき揚げを揚げて、スタッフとぶっかけ蕎麦を食べておきます。サラダに刻んだ人参の端切れと三ツ葉の青い茎を天麩羅にして、小さな蓮根の端切れや茄子を揚げて、昨日の蕎麦の打ち損じを茹でる。切りむらがあるけれど、味は美味しいのです。

今日も暖簾を出してからが長かった。昨日と違って空が暗いから、気持ちまで落ち込んでいくようで、雨も降ったり止んだりの状態なのでした。玄関を出てみれば、これは寒い。昼でも6℃と言うから外は冷蔵庫の中の温度なのです。蕎麦屋の店の中は、少し窓を開けていても20℃まで温度が上がっているから、なおさら寒く感じる。じっとしていると足元から冷えてくるから、亭主は店の中を歩き回ったり体操をしたりと動き続けている。

こんな天気の中でも、隣の畑にはハクセキレイが飛んできていた。昨日は日向ぼっこかとも思ったけれど、やはり草の芽か土の中を突いている様子。今日はスズメたちが群れて畑に降りていた。一羽で舞い降りた茶色い大きな鳥は、遠くから見てもずんぐりとした身体の形から鶉だと判る。車は時折通り過ぎるけれど、さすがに歩いている人は見当たらないのです。確か去年も連休明けの平日はほとんどお客が来なかった。今年もやはり同じか。

お客を待つこと二時間。昨日はこの時間帯にやっとお客が来たのだけれど、今日はとうとうラストオーダーの時間になっても、人の姿は見えないのです。店が混んで疲れるよりもずっと精神的に疲れる。自分たちが使った天麩羅パッドや蕎麦を茹でた大鍋を洗い、スタッフと帰る支度をするのでした。昨日打った蕎麦は、二人で分けて家に持ち帰るのです。家に戻って女将に言えば、去年もこの時期にお客のない日があったと覚えているのです。

居間のストーブに当たりながら、ウトウトする亭主。今夜はちゃんこ鍋だというので、早めに食卓に座って、相撲を見ながらちゃんこを食べる。餅やうどんまで入れて身体が温まるものだから、つい食べ過ぎて苦しくなるのです。相撲中継の終わる前に食事を終えて、居間の椅子に座って食休み。明日は南風が入って朝と昼の寒暖の差が激しいらしい。この時期の流れなら蕎麦は 500g 打てば十分だけれど、晴れて暖かいとお客は来るから悩む。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.