三月上旬の暖かさだと言うけれど…

早朝は霜の降りる寒さでしたが、日中は気温はどんどん上がってきたのです。蕎麦打ち室も朝から 4℃とかなりの暖かさ。空は気持ちの好いほどよく晴れて、予報では三月上旬の暖かさだと女将が言うものだから、今朝の蕎麦打ちは 1kg だろうと、悩んだ挙げ句に決断したのでした。緊急事態宣言の地域が拡大されたとは言え、先週のお客の入り具合では、正月明けの営業開始や連休という事情を勘案しても、いつもとあまり変わりがなかった。

蕎麦玉を捏ね上げたら厨房に戻って、葱切りを済ませ、お新香を切り分けたら小鉢に盛り付けておきます。漬け直した後もたっぷりと水が出て、塩分がかなり流れ出たから、昆布の旨味も加わって食べ頃になっているのでした。一緒に漬け込んだ柚子を散らして京唐辛子の赤を添え、安上がりなのだけれど手間暇をかけて仕込んだ一品なのです。このお新香となた漬けがあれば、週末までは十分に間に合うというもの。後はお客が来るかどうか。

新年に入って2回目の 1kg 打ちだったけれど、湿度が 50%近くあったから、今朝はちょっと加水を減らしたのが失敗で、生地を寝かせている間にかなり締まってしまった。硬めに仕上がった生地は、伸してもなかなか広がらないし、四辺が少しずつひび割れてくるのです。八つに畳んで包丁切りをしても、乾いた音が響くばかりで、切りべら26本で135gを取るのがやっと。最後の方では切りむらが出始め、端切れを切る元気もなくなってしまう。

何とか11束の蕎麦を生舟に並べたのですが、残れば最後の二束は明日の賄い蕎麦に使おうかとも考えていました。この時期、平日に 10人を超えるお客が来るとは思えなかったからです。厨房に戻って金柑大福を包み、野菜サラダの具材を刻んだら二皿だけ盛り付けておきます。蕎麦の数はあるから気持ちは落ち着いていましたが、暖簾を出して一時間経ってもお客の姿は見えないので、ちょっと心配になるのです。店内は 20℃を越す暖かさ。

陽の当たって暖かそうな隣の畑では、ハクセキレイのつがいが舞い降りて、餌を探しながら仲良く日向ぼっこをしているのです。いつもより遅い時間なのにスズメたちもやって来る。ひと回り大きなヒヨドリまで。亭主は暇だからタブレットで腰痛について調べ物をしている。「ぎっくり腰」というのが、今の状況に一番当てはまるらしいのです。最初は温めてはいけないし、安静にしていた方が好いと判って、その逆をやったから今日は痛む。

それでもお客が来ないから、買っておいた金柑の実の種を取って、甘露煮を作っておく。南の土地の陽の光をたっぷりと浴びた黄色い大きな実が、実に鮮やかなので幸せを感じるから不思議です。腹も減ってきたので、かき揚げを揚げて賄い蕎麦をぶっかけにしてスタッフと食べておく。月曜に打った蕎麦を持ち帰らずに取っておいたのですが、空腹の時に食べるせいかコシがあってとても美味しく感じるのです。上手く打てた蕎麦は美味しい。

1 時半を過ぎる頃、奥の座敷で休んでいた亭主が厨房に戻れば、駐車場に二台車が入っているのが見えたのです。そろそろ片付けをしようかと思っていたのに、四人連れのお客がいらっして、悩んだ挙げ句に、鴨せいろに鴨南蛮、鍋焼きうどんにカレー蕎麦のご注文。鴨肉を早めに解凍して、カレーもレンジで解凍しなければならない。しかも4種類の汁を用意しなければならないから、当然、火口は足りないのです。掻き揚げも揚げなければ。

鍋焼きうどんは真っ先に大鍋でうどんを茹でて、あとはIHで汁を入れた鍋でスタッフに調理してもらう。亭主はカレーを入れて汁を作りながら、鴨肉と葱を二人分焼き始める。汁を温めるためにどけておいた天麩羅鍋を取り出して、鍋焼きうどんに載せるかき揚げを揚げて、まずは鍋焼きうどんを出したら、次にカレー蕎麦を出す。鴨肉は塩を振って二人分を一緒に焼いて、葱をグリルに。二人分の蕎麦を茹でて、冷たい蕎麦から盛り付ける。

窓は少し開けてあるけれど、さすがに四人のお客が大きな声で話すから賑やかな午後。客がいなかった時間にお袋様に電話をして、金柑の甘露煮とお新香を持って行くと言っておいたけれど、後片付けをしていたら大分遅くなってしまう。それでも二人でゆっくりと話をして、本家の90半ばになる小母さんが入院したと聞く。小一時間も話していたでしょうか、家に帰る途中で、腰痛の亭主が心配になって、迎えに来た女将に出会うのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.