昨日とは打って変わって晴れて穏やかな陽射し…

昨日の夜まで降り続いた雨が嘘のように、今朝は気持ちの好いほどよく晴れた空でした。窓から見える向こうのお宅の屋根に真っ白に霜が降りていたから、朝方は随分と冷え込んだのでしょう。ゴミを出しに行った女将が「道路が凍っているのよ」と言っていたのも頷ける。8時間近く眠って目覚めた亭主は、朝食を終えて痛い腰をかばいながら居間の椅子に座って、じっとそのまま動かずにいる。横になっている時が一番楽なのは皮肉なもの。

「動かないと腰痛は取れないわよ」と言う女将の言葉に惑わされて、昼前にプールに行って泳ぐつもりで、蕎麦屋までも歩いて出掛けたのです。年に一度はこういうこともあるけれど、前はどうやって治したのだかもう覚えていない。身体の何処かが痛い時には動かずにいた方が好いような気もするけれど、両足で立ったり歩いたりする時には痛みを感じないのです。動き出す動作に入る時に腰に激痛が走るから、思わず「痛たたっ」と叫ぶ。

エアコンはタイマーをセットしてあったので、7 時から暖房が入って室内は快適な温度になっていました。上手く利用すればわけもないことなのに、アナログ人間の亭主には、なかなかそれが出来ない。一昨日作った蕎麦汁を鍋のまま冷蔵庫に入れてあったので、蕎麦徳利に詰めて鍋を空にする。出汁を取ってこの鍋に濾して一番出汁を入れ、かえしを加えて新しい蕎麦汁を作る。冷蔵庫に残っていた二番出汁に、かえしを加えて天つゆを作る。

出汁を取り終えたら、白菜の漬け物を少しずつ小さな漬けもの器に移し替える。白菜の90%以上は水分だというから、水が出てどんどん量が少なくなっていくのです。昆布の旨味が出て来て塩分も抜けている。使った鍋や器を洗って、午前中の仕込みは終わりです。2時間足らずの作業でまずまずの出来。家まで歩いて帰ったら一休みです。日中は随分と暖かくなって、帽子も被らずにプールへ出掛けていくのでした。陽射しは暖かい。

今日は少しゆっくり家を出たので、幼児スイムの教室が終わったところで、フルコースが使えたので好かった。センターコースが一人だけだったから、準備運動を済ませてアップを開始。泳ぐ分には腰は痛くないので好い運動になったのです。平泳ぎは腰に負担がかかると思ったけれど無事に泳ぎ終える。ロッカールームで着替えをするのが一番大変で、屈んだり膝を曲げたりする動作の時にズキッと痛みが来る。やはり動かない方が好いのか。

家に戻って昼食を終えたら、やはり横になっているのが一番楽なのです。まだ今日の仕込みは終えていないから、窓から差し込む暖かな陽射しに名残りを惜しみながら、蕎麦屋へ出掛けていくのでした。明日使う分の天麩羅の具材を切り分けておくのが、まずは最初の仕事です。蓮根の皮を剥いて酢水で茹でている間に、カボチャを切り分けてレンジでチーンする。生椎茸、ピーマン、茄子を切り分けて、玉葱、三ツ葉、人参を刻んだら終わり。

蕎麦粉とタピオカ粉を計量して、豆乳と水を加えて蕎麦豆腐を仕込んだら、買っておいた大柚子を四つに切り、中の果肉を取り出す。薄皮を包丁で丁寧に削いで、黄色い皮だけを千切りにする。他はビニール袋に入れて家に持ち帰れば、女将が柚子ジャムを作ってくれる。ヨーグルトに入れて食べるのが彼女の習慣だけれど亭主はついぞ食べたことがない。トーストにバターを塗って、このジャムを載せて食べてみたいものだと思うこともある。

刻んだ柚子の皮はパットに並べてラップをしたら、冷凍室に入れて凍らせて保存するのです。これが大根の鉈漬けや白菜のお新香を作るのに重宝する。陽の落ちる時分に家に戻れば、相撲中継のテレビを点けたまま、女将は台所で夕食の支度をしている。テロップが流れて緊急事態宣言の地域が拡大すると言う。暖かくなるという明日はどれだけ蕎麦を打てばいいのか。年が明けて常連さんも一通りいらっしたし、年配のお客は期待できないか。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 運動・健康. Bookmark the permalink.