雪ではなく昼前から夜まで雨…

大雪注意報の出た佐倉でしたが、朝のうちはいつもよりは気温も高く、車外温度は 4℃。蕎麦屋の中も厨房で 5℃、蕎麦打ち室で 4℃だったから、暖房も直ぐに効いてきました。外は今にも降り出しそうな暗い空で、湿度があると暖かく感じるのだと思う亭主。お袋様に電話をして、いつもの仕入れに出掛ければ、天候のせいか農産物直売所にはまだ野菜があまり並んでいなかったのです。隣町のスーパーに出掛けて大半の食材を仕入れて来る。

正月明けのお客の少なさを見込んで、いつもの半分の仕入れで済ませるのも、コロナの時期の工夫です。それでも白菜は一把、大根は二本買い込んで、今週も小鉢は白菜の漬け物となた漬けを作るつもり。先週はカレーうどんやカレー蕎麦が随分と出たから、今日はカレーも仕込んでおかなければなりません。長葱がとても好いものが手に入ったので、密かに喜んでいる亭主。新鮮でつやがあり、白い部分が長いのが使い易いし、立派に見える。

大根を半分ほど切り分けて小さな漬けもの器で塩漬けにしたら、白菜一把を四つに切り分けて、塩で樽に漬け込む。白菜をメインの小鉢にして、お客が注文する料理によっては、なた漬けを出しているのです。先週も30人ほどのお客しか来なかったので、1月も今日明日で寒さの底を過ぎるといっても、緊急事態宣言の出ている期間は、なかなか期待できないのが現状なのです。今はじっと、安くて美味しい小鉢作りに専念しようと思うのです。

生姜をみじん切りにして、最初に油で炒める野菜をカットしたら、水を入れて茹でている間に、次に入れる野菜を中華鍋で炒めて鍋に加えるのです。玉葱や南瓜は直ぐに蕩(とろ)けてしまうから、煮込む時間を短くする必要があるのです。カレーの中に入っているとはいっても、目で見えることが大切。先日のカレー蕎麦を食べたご夫婦が、「こんなに具沢山で美味しい」と言っていた。野菜を煮始めたら、南の庭にベイリーフを採りに行く。

野菜を煮込んでいる間に、鶏肉を切って片栗粉をまぶし、中華鍋で炒める。以前は切ってそのまま鍋に入れていたのだけれど、長く筑前煮を作るようになってから、食材を炒めることの意味が分かってきたような気がするのです。水分を飛ばしてカレーが水っぽくならないというのも一理ありますが、美味さを閉じ込める効果もあるような気がするのです。玉葱も大きく切り分けて色の変わるまで炒めて、形が残るようにするのが好いと思う。

例によって、野菜を煮込む水の分量は好い加減だけれど、灰汁を取っている間にどんどん減っていくから、多すぎるということはない。ルーを入れて味見をしたら、レンジの火を消して他の洗い物を始めるのでした。今日は女将がスポーツクラブから帰るのが遅い日だけれど、区切りの好いところで家に帰る。食材を仕入れた金額をパソコンに入力して、昼の支度を始めるのでした。ルーが残ったので家に持ち帰り、台所に入ってカレーを作る。

ちょっと嗜好を替えて、冷蔵庫にある蕎麦屋の残り物で海鮮カレーを作ってみました。天麩羅の具材のカボチャや茄子にピーマン、生椎茸や海老に冷凍室にあった小海老やイカを入れて、蕎麦屋とは別のカレーの出来上がり。スープも蕎麦屋の残り物の三ツ葉や若芽、薬味の葱に卵を散らしてあんかけで仕上げる。帰って来た女将が「美味しいわね」と言うものだから、嬉しくなって美味しいカレーを沢山食べてしまう亭主。後は、昼寝の時間。

夕食前に蕎麦屋に出掛けて、昼のカレーを袋詰めして冷凍してくる。夕食を終えてふと気が付けば、出汁取りの準備をしてこなかった。夕食で酒を飲んでしまったから、雨の降る中を傘を差して歩きで再び蕎麦屋に出掛け、出汁取りの準備をするついでに、水の上がった漬け物を漬け直して来ました。カウンターの昨日の洗い物も片付け、明日はどこから始めれば好いのか、今夜ゆっくりと考えようと家に帰る。腰の痛いのが治らないのが辛い。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.