今日は雪の降りそうな曇り空でしたが…

昨日までの青く晴れ渡った空は何処へ行ったのか。今朝はうっすらと上空に雲が出て、何やら雪の降る前触れのようで怪しい雰囲気なのでした。7 時過ぎに煙草を買いに出るついでに蕎麦屋に寄って、店のエアコンを入れて来る。同じ寒さでも、向かいの畑に白い霜が降りていたから、少し湿度があるのだろうか。車外温度はマイナス 2℃。店内は 4℃と昨日よりは温度が高かったのです。それでも蕎麦打ち室は 1℃だからとても寒いのです。

朝食を終えて洗面を済ませたら、いつもの時間に家を出て蕎麦屋に向かう亭主。今日はオーバーズボンは履いていなかった。いつも帰りには脱いでしまうから荷物になるので、今日はホッカイロだけで十分だろうと考えたのです。朝の仕事を終えたら、冷蔵庫よりも寒い蕎麦打ち室に入って、今日の蕎麦を打ち始める。室温は 4℃までしか上がっていない。湿度は 30%。加水率 45%で今朝も500gの蕎麦を捏ね始めたらちょうど好い仕上がり。

生舟には昨日打った蕎麦がそのまま残っていたので、今朝の 5食分強の蕎麦を合わせて、10食だけの用意でした。明日は定休日だから、ぎりぎり余らない数にしておきたかったのです。去年もこの時期の三連休は、最後の日が一番お客が少なかった。加えてこの寒さとコロナとでは、とても多くのお客を見込めないのです。蕎麦を打ち始めれば暖かくなるだろうと思っていたけれど、やはり量が少ないから汗もかかずに直ぐに終わってしまう。

切りべら26本で135g。切り幅も綺麗に揃って、この三日間では一番良い出来だったのではないだろうか。というより500gという量になれたと言うべきなのかも知れない。厨房に戻って野菜サラダの具材を刻みながら、天麩羅の具材を切り分ける。まだ 10時前だったから、キャベツの千切りや人参のジュリエンヌには早すぎる。乾燥してしまうからなのです。カボチャを切り分け、生椎茸、ピーマン、茄子の順番に切って容器に入れていく。

お新香は二度目に漬けたものがちょうど今日で終わり。全部で 4分の3把も漬けたのに、やはり、毎日すべての蕎麦に小鉢を出すようになってから、なた漬けと白菜のお新香の小鉢 2種類だと回転が速いのです。それでも、ちょうど好い具合になくなりそうなのでホッとひと安心。野菜サラダを盛り付けて、金柑大福を四皿包んだら、ちょうど 11時過ぎで亭主は奥の座敷で開店前の一休み。年が明けて来店していない常連さんを思い浮かべる。

「そろそろ例のご家族が来てもいい頃だよ」と女将に言っていたら、案の定、昼前にご家族四人でご来店なのでした。天麩羅蕎麦を頼まれたご主人以外は冷たいお蕎麦で、いかにも蕎麦好きな一家なのでした。全員分を作り終える頃に、隣町から歩いていらっしたと言うカップルが見えて、鴨せいろを二つご注文。市内から越して来て三年ほどで、散歩をしながら美味しいお店を探しているのだとか。金柑大福をお土産に持ち帰られたのでした。

外はいよいよ雪の降りそうな雲が広がって、太陽はぼうっと霞んでいる寒さなのです。午前中は晴れると言う予報は残念ながら外れた様子。それでもお客が来るから有り難いのでした。四人家族が帰られた後には、此方も歩いていらした常連さんご夫婦が、「今日は飲みますから」と、ビールと熱燗を頼まれる。仕込んでいなかった豚のハラミも串に刺してお出しする。最後はご夫婦で珍しく熱いカレー蕎麦のご注文なのでした。まだお客が…。

駐車場に入ったワゴン車を見れば、中に沢山人が乗っていたから、残った蕎麦以外はうどんしかないと女将が出て対応するのでした。ちょうど好い具合には行かない。1 時半近かったから、これで今日はお蕎麦の売り切れにする。天麩羅が一人分しか出なかったから、切り分けた材料が全部余ってしまった。野菜サラダと蕎麦豆腐、金柑大福は全部捌けたので好かった。今週も寒くてコロナの中だった割には、まずまずのお客で有り難かった。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.