雨が降らなかっただけでも…

寒い朝でしたが、午前中は雨という予報が外れて、曇り空が広がっていました。傘を差さないで蕎麦屋に行けただけでも、まずは好しとしなければいけないと、前向きに考える亭主。こんな天気ではお客は来ないだろうと、家を出る時には身体も重かったのですが、蕎麦屋に着けばいつもと同じ朝の仕事が待っている。身体を動かしているうちにだんだんと元気が出てくるもので、昨日残った六束の蕎麦に加えて、今朝は500gだけ打つことに。

蕎麦が打てればそれはまた元気が出てくるもので、加水は43%で滑らかな生地の出来上がりです。50cm幅で本伸しに入り、奥行き90cm 近くまで伸し広げたら、八つに畳んで包丁を打つ。わずか五束半の蕎麦だから、切りべら26本で切り幅も均等に仕上がるのでした。この天気でこの寒さだから、スタッフと亭主の賄い蕎麦の分を差し引いても、売り切れることはまずない。そうは判っていても、準備だけはしておかなければいけない。

虚しい努力ではあるけれど、まずは好い仕上がりの蕎麦が用意できたと喜ぶのが一番。スタッフが早めにやって来て、店の掃除を始めてくれる。亭主は厨房に戻って、時間があるので今朝はモツの煮込みを仕込んでおくのでした。昨日、家で試作した豆板醤入りのモツ煮込みは、寒い日には身体が温まること請け合いなのです。例のビールと大盛りの蕎麦を頼む常連客が来たら、酒の付け出しに出してやろうかなどと考えるから気楽なものです。

今日は筑前煮に使った蒟蒻が半分残っていたから、ネギと一緒に鍋に入れて出汁で煮込んだのです。大蒜の匂いや辛いのが苦手な人には出せないけれど、普通のモツの煮込みに唐辛子をかけて食べる事を考えれば同じことか。大きめの小鉢に盛り付けて300円で出そうと、ホワイトボードに書いておいた。以前は寒い冬の日に、おでんを作って出したこともあるけれど、これはあまりにも普通すぎて売れなかった。時代が変わったと思ったもの。

学生時代に友人と早稲田界隈でおでんを酒の肴にしたのは、もう半世紀近くも前のことなのです。野菜サラダは平日だから二皿だけ盛り付けておきました。寒い日にサラダを頼むお客もいないだろうけれど、温かい鴨南蛮蕎麦やカレー蕎麦を頼む客がいれば、サラダ付きだから出るだろうという計算。11時前には開店前の仕込みが終わったので、かき揚げと蓮根の天麩羅を揚げて、スタッフと賄い蕎麦を食べておくのでした。やっと一休みです。

奥の座敷で休んでいたら、バタンという車のドアを閉める音がしたので厨房へ戻る。まだ開店の10分前なのに、もう店に入ってテーブルに着いている。スタッフが気を利かせて入れてくれたらしいのです。「いらっしゃいませ」と客の顔を見れば、若いリピーターのお客で、奥さんらしい女性はぶっかけ蕎麦で、ご主人は鴨せいろの大盛りのご注文。今日は寒い日だからと、鴨肉は昨日のうちに解凍してあったから、お出しするのが早かった。

しばらくして、また車が駐車場に入って、女性客二人が店に入ったので、「いらっしゃいませ」と出迎えれば、「食事じゃなくて、こんど来ますからパンフレットでもない?」とおっしゃる。お茶の用意をしていたスタッフもがっかり。それから 2時間近くお客がなかったので、今日はこれでお終いかと片付けに入ったのですが、1 時半近くから続けて二組もお客がいらっした。カウンターに座った若いお客は、温かい天麩羅蕎麦と蕎麦豆腐。

いつも閉店間際にいらっして面倒な注文をする年配のご夫婦は、今日も天麩羅蕎麦と鴨南蛮蕎麦。食べている間にとっくに閉店時間は過ぎてしまうのでした。それでもこんな天気の日に有り難いお客だからと、残っていた金柑大福をサービスして暖簾をしまわせてもらうのです。家に帰って女将に報告をすれば「寒い日によくお客が来たわね」と喜んでくれた。女将はスポーツクラブに出掛け、亭主はラーメン・餃子を食べて夜のプールへ行く。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.