予報とは裏腹に終日の冷たい雨…

「雨が降っているじゃない」と洗濯を終えた女将が愚痴をこぼすから、「予報だから仕方がないよ」と曇りでなかったのを取りなす亭主。いつもの時間より少し遅れて蕎麦屋に着いたら、まずは忘れないようにと蕎麦豆腐を仕込んで、今朝は二週間ぶりにレンジ周りの掃除を始めるのでした。掃除をしなければならない所は沢山あるけれど、完璧は求めずに出来ることだけをやっておくのです。今日は昼前にプールに出掛けたいから時間がない。

筑前煮の具材を刻んで、綺麗な里芋を六方に剥いたら、酢水で煮立てた蓮根を最後に入れて、中華鍋で炒める。これを出し汁で煮込んでいる間に玉葱を刻み、鶏肉を切って、半分は親子丼の仕込みの鍋で煮ながら、残りを片栗粉にまぶして中華鍋で焦げ目が付くまで炒めるのです。このところ毎週のように作っているから、身体が自然と段取りを覚えているのが嬉しい。今が旬の根菜類は今が一番の食べ時で、筑前煮の小鉢はお客にも好評です。

油で炒めるのも一手間だけれど、薄口の出汁醤油で煮込んで砂糖を加えるのがポイントかも知れない。使った鍋類を洗って、親子丼の具材と筑前煮をタッパに詰めたら、冷めないうちに冷蔵庫に入れておく。レンジの火が消えていることを確認して、念のためにロックをかける。午前中 2時間の仕込みはこれで終わり。外は朝から降りしきる雨で道路も濡れているのです。女将に頼まれたトイレットペーパーを買ってスポーツクラブの駐車場へ。

冷たい雨のせいか、ロッカールームもいつになく空いているのでした。プールサイドに出れば、ベビースイムの教室も終わるところで、コースには人も疎らなのでした。月曜が祝日営業で夜は閉まっていたし、昨日はスポーツクラブが定休日だから、久しぶりの水泳なので入念に準備運動をして、ゆっくりとアップを始める。気持ちの好いひと時です。今の亭主にとっては、これが唯一の気分転換なのかも知れない。家の買い物をして帰宅です。

最近は、プールの帰りに肉や魚を亭主が買って帰ることが多い。歩いてスポーツクラブに行く女将は、昼までに買い物を済ませるのも難しいし、荷物が沢山ある時には持って帰れないのです。12時を少し過ぎていたから、女将の方が先に帰っていました。急いで台所に入り、肉野菜炒めとスープを作りながら、昨日作った餃子を焼きます。餃子以外はすべて蕎麦屋の残り物を使っての料理なのです。これであらかた先週の残飯整理が済んだかな。

今までなら食後は横になってひと眠りをするのですが、最近は午後に昼寝をしないことが習慣になったから、時間をもてあましてしまう。夕刻に業者が頼んだ食材を持って来るまでには、随分と時間があったけれど、家でテレビを観るのにも飽きたから、また蕎麦屋に出掛けて行く亭主。エリック・クラプトンのアンプラグドの歌を聴きながら、天麩羅の具材を切り分けて容器に詰めていく。茄子と胡瓜と蕪のお新香を漬けるにはまだ早い時間。

冷蔵庫から金柑を取り出して、蔕を切って半分に切り、一つずつ竹串で種を取っていく。出始めの先週に買ったものはひとパック400円だったのに 4パックも仕入れてしまった。昨日買った物は同じ物でも300円で粒も大きくなっているのです。やはり何事も慌ててはいけないのでしょう。酢水で煮てから氷糖蜜で煮直す。前のひと瓶がまだ半分以上残っているから、これで年明けまでは持ちそう。夕べ大手亡豆も年明け分まで発注しておいた。

寒い日には蕎麦饅頭を作りながら、間に金柑大福を包んでデザートは当分安泰なのです。それでもまだ時間があるから、昨日、四つも仕入れた大粒の柚子の皮を剥いて、中身は女将の柚子ジャムの材料に家に持って帰る。皮は外側の黄色い部分だけを包丁で削いで、千切りにしていく。パットに並べてラップをかけて冷凍しておけば、霜が降りて甘くなる頃の白菜の漬け物の時期まで使えそうです。3 時間の仕込みを終えたらやっと荷物が届く。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.