菊の秋 寒さが戻って曇り空…

夕べは 5 時間ほど眠って寒さで目が覚めたから、エアコンを入れてまた 2時間寝続けた。最近はこんな調子で夜は 7時間も眠っているので、身体の調子も好いのです。いつもの時間よりは少し遅れて蕎麦屋に出掛ければ、玄関先の植木鉢にに菊が一輪咲いているのでした。車庫の上のポットにもピンクの菊が咲いて、やっと菊の秋なのです。蕎麦屋に着いたら昨日の洗い物を片付けて、お袋様に電話を入れる。定休日一日目の仕入の始まりです。

空はどんよりと曇って、昨日に比べたら随分と寒い朝なのです。団地の中にある隣の地区に続く橋を渡って、農産物直売所へでかければ、今日は農家の人たちが沢山野菜を運んでいて、顔見知りの農家の奥さんや親父様に挨拶をして、採れたばかりの大根や蕪や里芋をもらっていくのです。「また、筑前煮ですね」と奥さんに言われて「根菜類は今が旬だからね。いつも美味しい野菜を有り難うございます」と応える亭主。柚子も10個で300円。

これは女将のジャム作りと亭主の風呂の友になる。店で使う柚子はスーパーで大粒で皮の綺麗な物を買うのだけれど、この時期は一つ100円だからまだまだ安いのです。葉物野菜を含めて、今朝は随分と沢山の野菜が出ていたのでした。葉の付いた新鮮で大きな大根が一本100円だから、なた漬けの季節なので2本もらってくる。隣町のスーパーでも、気に入ったものがなかったのが生椎茸で、これは後で何処かに買いに行かなければならない。

店に戻って野菜を冷蔵庫に収納したら、なた漬け用に切り分けた大根を、塩漬けにして漬け物器で押し漬けにしておく。そして、月末だからと床屋に出掛けて、月に一度の親父様との会話。今日は暇そうにベートーベンの映画を観ていたから、付き合いながら髪を刈ってもらうのでした。明日は世間では給料日だから銀行も混むからと帰りに銀行に寄って、女将とスタッフに払う月々の金を下ろして新札に替えておく。これは持ち出しになる。

売り上げの中から銀行に金を入れない限り、店の赤字は解消されないのは道理。いつかそんな日が来るのを夢見て、コロナの時期なのに今月は去年よりも売り上げが伸びそうだと喜んでいるから世話はないのです。女将がスポーツクラブから戻る前に、蕪の葉を茹でてタッパに入れたら、豚肉と海老と烏賊を炒めて、先週の野菜サラダの残りを入れてあんかけのスープを作っておく。今日は寒くなるから湯麺にしようと朝のうちに話していた。

定休日は特に、蕎麦屋で残った食材を消化しなければならないので、昼は何にするとか夜は何にしようかと女将と相談をして、いろいろな工夫をして食事を楽しむのです。ニラも大蒜も生姜もあるし、残ったキャベツを使って餃子を作ろうと、挽肉を買って来たのは好いけれど、餃子の皮を買うのを忘れたから、これは午後の仕事に回した。昼食の後は一休みして、蕎麦屋に出掛けて午後の仕込みに入る。最近は食後に眠らなくなったのが進歩。

その分、夜がぐっすりと眠れているような気がするのです。蕎麦屋の駐車場のモミジが下の方だけ紅葉していた。全体が真っ赤になるのはいつ頃なのだろうか、それともそのまま枯れてしまうのか、ちょっと気になるところです。午後は出汁を取りながら、なた漬けに使う柚子の皮を削いで千切りにしておく。冷凍しておけるから、今日も大きな柚子を四つほど買って来たのです。一番出汁を取ったら蕎麦汁を作って、二番出汁は大鍋で追い鰹。

その間に、なた漬けを漬け込んで、出汁や蕎麦汁は容器に入れて冷やしたら冷蔵庫に入れる。使った鍋をすべて洗ったらもう 4 時近かった。近所のスーパーに餃子の皮を買いに行ったら、生椎茸の立派なのが安く出ていたから6パックも買って帰る。家に戻って、早速、夕食前に餃子の具材を刻んで、40個ほど包んでしまう。わずか 30分の亭主の早技。夕食はまた蕎麦屋の残り物だけれど、鴨肉を長葱と焼いて一献。蕪の葉もなかなかの味。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.