勤労感謝の日も蕎麦日和で…

今朝も穏やかに晴れた朝でした。いい夫婦(11月22日)の日の次の日は勤労感謝の日だから、今日はご夫婦やご家族連れのお客が来るかなと、蕎麦屋に出掛けていく亭主。いつもより少し早く家を出たのは、蕎麦粉が届く朝だったからです。隣町にある宅急便の集配所からこの団地に入る宅配の車は、蕎麦屋の前のバス通りを通るから、午前中と指定した荷物はいつも早い時間帯に届くのです。今朝も9時前には蕎麦粉 10kgと打ち粉が届いた。

蕎麦打ち室にある二つの冷蔵庫は小さいから、冷凍室に5kg詰めの蕎麦粉の袋を二つ入れるともう一杯になるのです。もう一つの冷蔵庫の冷凍室には天ぷら粉と打ち粉とタピオカ粉を入れてある。まだ使い終えていない蕎麦粉は、米と一緒に冷蔵室に入れておくのです。新聞紙で一つずつくるんだ辛味大根も冷蔵室に入れてある。もう片方の冷蔵庫の冷蔵室はビールや酒を入れて、すぐに出せるようにしてあるのです。これで今日はもう満杯。

蕎麦打ち室の温度は店のエアコンを知れてあるから17℃、湿度は48%。今朝も加水率は43%で蕎麦粉を捏ね始めました。しっとりと仕上がった生地は丁寧に伸して畳んで、切りべら27本で 135g 前後の束にして生舟に並べていく。四辺の部分が厚めになるという昨日の課題は克服できたか、確認のために断面の写真を撮っておいたけれど、後から見ても特に厚さに不均衡はなかったのでホッとした。今日は昨日の蕎麦と合わせて12食の用意。

去年のデータでは10人を越えるお客は来ていないから、暖かい陽射しのある祝日だとは言え、新型コロナの感染拡大しているこの時期に、それほどお客は見込めないだろうと考えていました。厨房に戻って金柑大福を四皿分包み、野菜サラダを二皿盛り付けて、時間があったから、昨日の蕎麦の切れ端を集めて賄い蕎麦をぶっかけで食べておくのでした。100g程度の量だけれど、揚げ玉と大根と山葵を載せて少しでも食べておけば後が楽です。

亭主が仕込みをしている間に、女将は味噌汁を用意して、昨日の晩に作っておいた根菜類の煮物を小鉢に盛り付ける。インゲンの綠を添えて、薄口の出汁醤油で味つけした煮物は美味しそうにカウンターに並べられました。暖簾を出してからお客を待つこと10分ほどでしたが、今日も昼前に続けてお客がご来店なのでした。三人連れのご家族が二組で、もうテーブルは一杯になる。今日も天気が好くて暖かくなったから、天せいろがよく出る。

その後も、下げたお盆や蕎麦皿を洗う暇のないほど、お客は続くのでした。ちょうど12時半を過ぎたところで生舟の蕎麦は残り三つになっていたのです。1 時前にご夫婦でいらっしたお客を最後に、「お蕎麦売り切れ」の看板を出して、また天麩羅を揚げる亭主。ちょうど天麩羅の具材もなくなって、今日も気持ちが好いほど蕎麦が売れました。やはり暖かな気候のせいなのでしょうか、去年のこの時期よりも、お客の数は多いと女将も言う。

今日も早めに暖簾をしまって、延々と洗い物を続ける亭主。その脇で女将は洗った皿を拭いて片付けていくのです。お客の多くはリピーターの方だけれど、ご新規のお客もいるから有り難い。「お蕎麦が美味しかった」と言って帰られるお客が何人かいたので、これも嬉しい限りなのでした。金柑大福をお土産で三つ持ち帰ったご家族もいらっした。今日も小鉢はすべて綺麗に出尽くして、家に持ち帰らなければならない食材も少ないのでした。

午後になって少し雲が出て来たけれど、定休日前の祝日は昨日に続き蕎麦日和だったと女将と話しながら家路につく。家で一休みをしたら、亭主は蕎麦粉の代金を振り込みに出掛け、女将は夜が眠れないといけないからと散歩に出る。30分ほどで帰って来たから、二人で台所に立って夕食の準備をするのでした。女将は残った具材を揚げて帰った天麩羅を焼き、亭主は残った親子丼の具材に三ツ葉をたっぷりと入れて、卵とじを作って一献。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.