穏やかに晴れて蕎麦日和…

昨日よりは寒い朝だったけれど、空は晴れ渡り陽射しもあるので、予報通りの晴天が期待されるのでした。庭の金柑もこの何日かで随分と黄色くなって、本来が大粒の実の大きい分、年明けの収穫が楽しみなのでした。今年は色づきが少し早いから、もしかすると年末には収穫できるかも知れない。一粒 30 円以上もする市販の金柑を買わなくて済むなら、蕎麦屋の金柑大福も随分と助かるのですが、鳥たちにどれだけ荒らされるかが問題です。

今朝は九州の本社から送られて来る減塩醤油が届くと言うので、早めに蕎麦屋に出掛けて朝の仕事をしながら待っていた亭主。宅急便の車が止まったから、印鑑を盛って外に出ていったら、「一発目なので何処にあるのか」と配達の若者が荷台を捜しているから、「この箱ですよ」と減塩醤油の箱を指さしてもらってくる。Amazonの配送だと割れて届くことが多いので、本社に直接発注するようになったのです。これで年末まで返しが作れる。

厨房に戻って蕎麦屋に来る道々、唱えてきた呪文の通りに葱切りを済ましたら、蕎麦打ち室に入って今朝の蕎麦を打つ。今日は室温は12℃まで下がって、湿度は48%だったから有無を言わずに、43%の加水で蕎麦粉を捏ね始めたのでした。しっとりとした生地に仕上がり、地伸しもすんなりと正円が広がる。丸出しで角が薄くならないように注意をして、四つ出しから本伸しまで順調にこぎ着けるのでした。包丁打ちで新しい課題を発見。

最初の一束を切った時には切りべら26本で135gだったのが、途中で28本になったりと不安定なのでした。駒板の送り幅は生地の厚味で違ってくるのだけれど、どうも本伸しの時にびったり75cmの幅に届いていなかった気がするのです。綺麗に四角形になっていたはずなのですが、四隅の厚さに気を配るばかりで、きちんと四辺を均等な厚味で伸していなかったのではないかと、後で反省するのでした。明日はこの点を注意して打ってみよう。

今日は開店の10分前に、リピーターのご夫婦がいらっして、店の中に入って待っていただいた。暖簾も出したのだけれど、まだ大釜のお湯が沸いていない。取りあえずお茶のお湯だけは小さな鍋で沸かして間に合わせるのでしたが、スクーターで後からすぐにいらっした常連の女性が先に注文をされて、結局、天せいろ三つのご注文なのでした。その後で老父母を連れたご夫婦がテーブル席に座って、ランチセットと天せいろと天麩羅蕎麦と。

昼を過ぎたばかりなのに、もうテーブル席は一杯で、厨房もにわかに忙しくなるのです。テーブル席は二回転して、亭主と女将は下げた盆や皿を洗う暇もない。陽射しが暖かかったせいか、ほとんどのお客が天せいろのご注文で、天麩羅の具材が足りなくなって二回も切り足したのです。天麩羅は続けて揚げると天麩羅鍋の温度が下がっていないから、上手く揚げられるのでとても助かる。最後にいらっした若いカップルも天せいろのご注文。

1 時前になって、とうとう天つゆが底をついた。蕎麦徳利の蕎麦汁も残り僅か。蕎麦はちょうど夜の営業分だけ残っていたから、追い打ちをかけずにここで「お蕎麦売り切れ」の看板を出す。後から女将に聞いたのだけれど、用意した小鉢がなくなって、茹でたインゲンを生姜を載せて出していたのでした。その後も二組ほどお客はいらっしたのですが、女将が外に出て丁重にお断りしたのでした。コロナの感染拡大の時期にあり得ない来客数。

腰が痛くなるほど洗い物をして、家に戻ったらやっと遅い昼食に餅を焼いてもらう亭主。昨日に続けて今日も横になって眠る暇がない。夜は残っていた一番出汁で明日の蕎麦汁を仕込み、小鉢に浅漬けと里芋、蓮根、人参、牛蒡で野菜の煮物を作るのでした。どうせお客は来ないだろうと、携帯のワンセグで大相撲の優勝決定戦を見て、早仕舞いをしたら女将よりも早く家に帰ったのです。木訥な努力の若者の頑張りには、心が晴れる気がした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.