雲一つない青空と北風と新型コロナ…

明け方は駅前の高層マンションの上にも雲がかかっていましたが、陽が昇るに従い、雲は強い北風に流されて、空は青く澄んできたのです。気持ちの好い陽射しはあるけれど、昨日とはうって変わって北風の冷たい一日になりそう。蕎麦屋に着く頃には、雲一つない青空が広がって、これで風が強くなければお客は来るだろうにと残念がる亭主。長い経験で雨よりも風の日の方がお客は少ないというのを知っている。まして歩きのお客は来ない。

風が強くて幟が千切れそうになるので、横に倒して窓の下に寝せておく。昨日までに冷凍してあったご飯もすべてなくなったので、大釜に水を汲みながら、今朝はまず米を研いで炊飯器にかけておく。冷蔵庫から糠床を出して、お新香を取り出したら、切り分けて小鉢に盛り付けるのです。七鉢分を盛ったら、あとは筑前煮があるから足りるだろうと、残りのお新香はタッパに詰めて冷蔵庫に入れる。室温は昨日の朝よりも 3 度ほど低いのです。

蕎麦打ち室に入れば、室温は夕べの温もりが残っているのか、 19 ℃と思ったよりも暖かい。湿度は 49%と低かったから、やはり今朝も加水は 43%で蕎麦粉を捏ね始めるのでした。ちょうど好い生地の仕上がり具合で、地伸しから丸出しまですんなりとこなしたら、四つ出しには生地の柔らかい分、角を潰さないように気を配るのです。本伸しも綺麗に伸し広げ、八つに畳んでの包丁切りも、切りべら27本前後で綺麗な蕎麦の束が仕上がる。

昨日、追い打ちをかけて残った蕎麦と合わせて、13食の蕎麦を用意して今日は営業に臨むのです。土曜日の蕎麦の数としては少ないのだけれど、風の強いこの天候なら夜の営業までもつかも知れない。足らなければまた追い打ちをかけるだけと、最近では足りなくなることにあまりぴりぴりとしなくなった。余計な事に気を遣うと、かえって疲れるだけなのです。天候のこともどうにもならないことだし、ましてお客の来る来ないは分からない。

取りあえず、週末だから野菜サラダは三皿盛り付けて、余分に刻んだ野菜をタッパに入れてしまっておくのです。暖簾を出して 1 時間あまり女将と暇をもてあまして、「やはりこの風ではねぇ」と意気消沈していたのです。女将もフェイスシールドを外して、割り箸を箸袋に詰めていた。こんなに好い天気の週末に、もしかしてお客が来ないということがあるのかと、今月二回目のお客のゼロの日が脳裏に浮かんで、嫌な予感がしていたのです。

ところが 1 時前になって、車が一台駐車場に入ってきたから、ほっと胸をなで下ろしたのです。見れば久しぶりの常連さんご夫婦で、カウンターに座って年配のご主人はまずはビールと焼売のご注文。奥様はヘルシーランチセットの天せいろ。二本目のビールで鴨葱焼きの注文が入った頃には、次の女性客お二人がテーブルに座る。女将が注文を取っている間に、また一台車が入ってきて、年配のリピーターご夫婦がテーブル席に座るのでした。

あれよあれよと厨房は忙しくなり、「お蕎麦が美味しいわ」「金柑大福が美味しい」と少しずつお客も話をするのでした。「テレビのニュースでコロナの感染が過去最高などと言うと、次の日にはお客が来ないものなのですよ」と、亭主も来て下さった皆さんに感謝する。お客が帰って溜まった洗い物を片付けながら、女将と「今日は好かったね」と話をするのでした。定刻には店を出て家に帰ったら一休みで、女将は美容院に出掛けて行った。

客の来ない夕刻は、昼間のうちに女将と剥いた大手亡豆を煮て、濾して氷糖蜜と煮詰めて白餡作り。弱火でじっくりと煮詰まるまで、外に出て夕暮れ時の写真を撮る亭主。明日は更に冷えると言うけれど、天気は好さそうだし、連休の中日の日曜だから…などと、家に帰って風呂に入りながら明日の段取りを考えるのでした。葱切りと野菜サラダと金柑大福これが明日の朝の呪文。連休の最終日が定休日前の月曜日だと、これがまた悩むのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.