小春日和を通り越して暑い昼…

青空に陽が差して暖かい朝でした。上着も着ないで薄手のポロシャツにベスト姿で蕎麦屋に出掛ける亭主。朝の仕事を終えたら、今朝は米を研いで炊飯器にかけ、糠床からお新香を取り出して切り分けるのです。7 鉢分だけ盛り付けたら、残りは端切れだからタッパに入れて家に持ち帰る分と冷蔵庫に入れておく。蕎麦打ち室の室温も今朝は17℃で、湿度は50%を越えていたけれど、昨日の反省をして加水は43%で蕎麦粉を捏ね始めるのです。

果たして、やはりこの時期はもう43%で好いと思うような柔らかさで、しっとりとした蕎麦玉が仕上がるのでした。これだとまず地伸しが力を入れなくても、掌の圧力に従ってすーっと丸くなっていくし、伸し棒での伸しも楽に広げられるのです。均等な厚味を保つにはこのくらいの柔らかさが好い。四隅が薄く潰れないように気をつけて、本伸しを終えたら、八つに畳んで包丁切り。切りべら26本で135g 以内と今日の蕎麦は好い感じです。

気持ちよく包丁切りが出来ているのは、切り幅を見ればよく判ります。均等な切り幅で綺麗に切れているから、茹でて食べるときにも喉越しは好いはず。まあ、毎日が失敗と言うわけではないけれど、イメージ通りに打てたことが嬉しいのです。それにしても暖かすぎて、なんだか気持ちが悪いのです。暖かいからお客が沢山来るのか、コロナの感染が過去最高と言われるから逆にお客が来ないのか、分からないからとにかくいつも通りの数。

蕎麦打ちを終えたら厨房に戻って、今日は白餡を解凍していなかったので、漉し餡を丸めて抹茶きな粉大福を包む。いつもと同じ四皿分を用意したけれど、これは余るかも知れない。同じ分量で求肥を作る方が間違いがないから、ついいつもと同じだけ作ってしまうのです。野菜サラダの具材を刻んでいるうちに、時計はもう11時を回ってしまった。今朝は四国から藤娘の純米吟醸が届いたり、奈良から再仕込み醤油が届いたりして忙しかった。

二皿だけ盛り付けたけれど、開店前からお客がいらっして、まだ大釜の湯も沸いていなかったので、小さな鍋で湯を沸かしてお茶を入れた。テーブル席に座った中年の女性は天せいろのご注文。すぐに近くのマンションから常連の男性がやって来て、カレー蕎麦の大盛りとビールを頼まれる。今週は大盛り用のカレーを用意しておいたから好かった。ビールの付け出しがいつも同じになるからと、インゲンを茹でておいたので生姜を載せて出す。

昼前にそれから何組かお客が入って、早い時間に蕎麦がなくなってきたのです。また一人カウンターに男性客が座って、車が一杯で入れない客が帰ったから「好かった」と亭主が呟いたのを聞きつけたのか、「客が帰ったのにどうして好かったなの?」と聞くものだから、あまり早く蕎麦がなくなると、追い打ちをかけなくてはならないのですと、言い訳をするのでした。コロナで数を減らして打っていると言えば、他のお客も納得してくれた。

12時半を過ぎてリピーターの若いカップルがいらっして、カルビ丼とせいろ蕎麦のセットとヘルシーランチセットのせいろ蕎麦のご注文。野菜サラダはカレー蕎麦に使ったから、予備の野菜を盛り付けなければいけなかった。生舟には蕎麦が残り一つになったので、「お蕎麦売り切れました」の看板を出す。勝手を知る常連の男性客がそれでも入って来て、最後のひと束を辛味大根で食べて行く。これで 1時を過ぎたから賄い蕎麦を食う。

結局、暖かかったからお客は多かったのです。でも、最後の常連さん以外は皆さん若いお客なのでした。蕎麦もサラダもデザートもなくなって、気持ちの好い閉店なのでした。帰り道は汗ばむほどの暑さで、家に戻れば女将が「今日は歩いただけで汗だくになった」と言っていた。ひと眠りした後で軽く夕食を食べながら大相撲を見て、6時半になったらプールに出掛けてひと泳ぎ。明日は曇りだと言うけれど、まだ暑さは続くらしいので悩む。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.