今日もまた筑前煮…

定休日二日目の朝も7 時間の睡眠から目覚めて朝食の席に着く亭主。7 時前には女将も台所に現れないから、居間の椅子に座ってお茶を飲んでいるのですが、「ご飯が出来ましたよ」と言われてやっと重い腰を上げるのです。洗い物を済ませて洗濯物を干したら、女将は朝ドラの時間で、亭主はそれまでに洗面と着替えを済ませて蕎麦屋に行く準備をする。休みの日もそうでない日もそれが同じ時間だから面白い。気の早い庭の金柑が色づいた。

昨日にもまして暖かい朝だったけれど、天つゆと蕎麦豆腐を仕込んだら、大手亡豆を水に浸けておきます。時間があればだけれど、夕刻に業者が食材を運んで来る頃には、煮立てて皮を剥くことが出来るかも知れないと思っているのです。筑前煮の材料を並べたところで、まずは今朝の珈琲を入れて飲む。午前中は筑前煮を仕込んだところで、プールに行く時間になるだろうと、亭主の頭の中では定休日の過ごし方を一応は算段しているのです。

先週は大根が安かったし、柚子の皮を千切りにして冷凍したものがあったから、思わずなた漬けを作ったのですが、前の週に比べてお客の数も増えなかったから、結局、筑前煮が大量に残ってしまった。ぬか漬けのお新香を毎日漬けるから、他の小鉢の食材が量が多いとどうしても何かしら残ってしまうのです。そんな反省をしながら、今日は筑前煮の量も材料を少し減らしたつもり。でも、牛蒡は一本、蒟蒻も一袋使うから減らすのは大変。

さすがに里芋だけは袋の半分だけを剥いて入れたのです。レンコンは太い部分は天麩羅の具材にして、細い部分を筑前煮にと、酢水で茹でて使い分けました。例によって、根菜類を中華鍋で炒めて鍋を振る亭主。鍋の中のすべての具材がひっくり返る、この感覚が堪らなく楽しいのです。調理師学校では中華鍋に塩を入れて鍋を振る練習をしたものでした。蕎麦屋では中華鍋はあまり使う機会がないから、家で野菜炒めや炒飯を作るときに生る。

確か、鍋振りの試験もあった気がするけれど、女の子たちがよくあの重い大きな中華鍋を振ったものだと、いまだに感心するのです。根菜類が十分に炒められたら、鍋に移して後ろのレンジの火口を使って出汁で煮始めます。灰汁を取りながら、薄口の出汁醤油と砂糖で味つけをして、中華鍋を洗ったら今度は片栗粉をまぶした鶏肉を炒めるのです。十分に火が通ったところで、根菜類の鍋に加えて落とし蓋をする。やはりここまで二時間弱か。

洗い物を片付けて、プールに出掛けたのは11時前なのでした。少し雲は出ていたけれど、暖かいので上着も脱いだまま外の階段を昇ってスポーツクラブまで歩く。暖かいからか、昼前だというのにロッカールームは空いているロッカーが少なかった。着替えてプーサイドに行けば、プールはそれほど混んではいないのです。まだ幼児スイムは終わっていなかったので、「速く泳ぐコース」に入れてもらってゆっくりとアップをする亭主なのです。

その姿を見たからなのか、同じコースでいきなりバタフライを泳いで見せるいつもの中年の男性。どうせ25mを泳いだらお終いだから、こちらはマイペスーで400mの個人メドレーを泳ぐのです。他の泳者もいるから、邪魔にならないようにバタフライはキックだけにする。水に乗る感覚が蘇って、いつもより早い時間にプールから上がるのでした。帰りには地階のスーパーに寄り、家で使う食材と果物を買って帰る。今日は女将が先に帰った。

急いで亭主が湯麺を作って二人で昼食を食べる。店で残った野菜サラダを肉と海老を入れて炒めるだけだから、ものの10分もかからないのです。お互いに半日の出来事を話して、テレビのニュースを見て昼食の時間は終わり。食後のひと眠りをして、g時前には蕎麦屋に出掛ける亭主。東側の庭の草取りをして、90㍑の袋が一杯になったところで、厨房に戻って午後の仕込み。業者が荷物を届けに来たら、後は夜の防犯パトロールなのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 運動・健康. Bookmark the permalink.