暖かい日は続く…

今朝は農産物直売所で2,500円も野菜を仕入れてしまった。市内で作る蒟蒻を含めて15種類だけれど、隣町のスーパーの方が安い物もあった。新聞の広告を見る習慣がないから、時として「しまった」と思うことがある。スーパーで85円で出ていた大根も、農産物直売所のものは、新鮮な葉が付いているから110円でも安いのでしょう。ブロッコリーも大きいから50円高くても仕方がない。里芋も採れたてでないと中が悪いものもあるのです。

生もの以外は今朝仕入れたすべての食材を調理台に並べて、今日と明日の仕込みの段取りを考える亭主。すぐに仕込めるもの以外は冷蔵庫に収納して、長葱をラップで一本ずつくるみ、大根の葉を切り落として重い野菜からから下にして、野菜籠に入れるのです。そして中華鍋を取り出して、鶏肉を細かく切ったら、玉葱、人参、茄子、カボチャと刻んで順番に炒めていく。鍋に移して水を入れて軽く煮込んで灰汁を取り、ルーを入れるのです。

冷ました8皿分のカレーの具材を、5 等分に分けて密封の袋に詰めて冷凍する。それでも残った分は家に持って帰り、味見を兼ねて昼のおかずにするのです。女将がスポーツクラブから帰るまでに、昨日の野菜サラダの残りをスープにして、やはり残り物の筑前煮を温めておきます。定休日はだいたい蕎麦屋の残飯整理なのだけれど、美味しく食べるためにいろいろと工夫をするのがまた楽しい。帰った女将が玄関を入るなり「カレーの匂いね」

珍しく食後は昼寝をせずに、西の町のホームセンターに出掛ける。家の裏手の雑草が伸びているというので、いつも大変だから除草剤を撒くことにしたのです。亭主一人では、もう蕎麦屋と自宅の庭の面倒を見切れなくなったのです。最近は家は女将が少しずつ草取りをしてくれるけれど、どうしても最後は亭主に頼る。年を追うごとにそれが大変になってきたので、タラの木もコゴミも店の庭に移したから、除草剤を撒くことにしたのでした。

団地の中央の道を突っ切ると西の町までは近いから、薄の原の見える辺りで車を停めて写真を撮っておく。何時の間にか黄色いセイタカアワダチソウは枯れた時期なのかなくなっている。空は雲一つなく何処までも青く、暖かな午後なのでした。隣町との境にある工業団地を抜けて裏道を走れば、公団住宅の外れにある公園の銀杏が散り始めていました。駐車場に車を止めて園内を少し回ってみれば、大モミジはまだ少し綠が残っているのです。

散り落ちた銀杏が一面に敷かれた絨毯のようで、心を和ませてくれる。こんなに暖かくて天気が好いのに、広い園内を歩く人影がほとんどなかったので不思議なのでした。やっと人の歩けるほどの小径が続いている。公園の北東側の外れにある銀杏の林は、まだ綠色をした葉を付けたままで、南側の陽の当たる側が黄色く色づき始めている様子だったから、小径を外れて落ち葉を踏みしめながら、亭主はその林の入口の方角へと向かうのです。

モミジの大木から20mほど進んだところで、ふと足を止めて目を見張るのです。シャボン玉の七色の光が午後の陽に照らされて、綺麗に銀杏の林の中を漂っているではありませんか。誰が吹いているのだろうと銀杏の木の下を見れば、お洒落をした若い女性が周りにいる子どもたちに向けてシャボン玉を飛ばしているのでした。それが、子供たちも他所行きの恰好だから不思議なのです。よく見ると他にも着飾ったお母さんらしき若い女性が…。

真っ白な冬のコートを着た女性は少し離れて子供を見守っている様子。黒のコートを着込んだ女性は目の前の子供に寄り添っている。でも、走り回る子供たちの数はかなり多いのです。近所から遊びに来た親子連れという雰囲気ではないのが不思議なのでした。銀杏の林を出れば、公園のバラの園が広がっている。遠くから青空と林の入口の銀杏を撮してその場を立ち去る亭主。蕎麦屋に寄って荷物を置いたら、家に戻ってブログを書き始める。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.