いよいよ9月も終わり…

涼しい朝だったからか、朝飯を催促しに枕元にやって来たpekoに食事を与えたら、そのまままた眠ってしまったらしい。空腹で目が覚める彼女の健康さが羨ましいかぎりなのでした。人間で言えばとうに亭主の年齢を超えているはずなのに、やはり、主人と違って夜食を食べずに眠る習慣は身体にいいのだろう。蕎麦屋が終わって昼の遅い分、夕食はほとんど食べられないから、夜になって何か食べるものはないかと、台所を物色する亭主は不健康の極致かも…。

夜に主人が台所に立って調理した肉うどんを、丼に入れて居間ですする姿をじっと見ているpekoも、実は腹が減っているらしいのです。しばらくは、台所をうろうろするのだけれど、自分では食べ物を手に入れることが出来ないから、満腹になって横になる亭主の脇に来て、しばらくはぐずっているけれど、そのうちすやすやと眠りに就く。たまに、一緒に体重計に乗るのだけれど、彼女にもまして亭主の体重が増えているから、やはり、夜食は止めた方がいいのだが。

亭主がぐっすり寝込んでいたからと、代わりにpekoを朝の散歩に連れ出した女将が戻る頃に、ゆっくりと目覚めた亭主は、今日は時間が遅かったから、珍しく土鍋で炊きたての飯を食べることが出来た。炊きたての新米はさらに美味しい。8時前には蕎麦屋に出掛けて、例の如くコーヒータイム。グラム700円近くするコーヒーも、あまり長い間出ないと味が落ちるから、結局は自分で飲んでしまうのです。片付け物をしながら、今朝の蕎麦打ちの段取りを考える。

昨日と同じように、やはり新蕎麦と秋蕎麦を1:1で篩(ふるい)に掛けて、二八の蕎麦を1kg打つ。今朝は涼しいから湿度も低く、加水率は42%強とやや多めの加水で、丹念に水回しをしてしっとりとした蕎麦に練り上げる。地伸しから丸出しまでも、その後の作業を大きく左右すると最近では実感しているので、どの工程も一つも手を抜けない。打ち粉の重みもあるだろうからと135g~140gで切っていったのはいいけれど、今朝は11人分には少し足りない仕上がり…。

サラダも小鉢も用意が出来て、少し早めに暖簾を出したら、昼前にはもうお客がいらっした。女性の二人連れで、お母様と娘さんらしかった。しばらくはメニューを見てのご注文はお二人揃って天せいろ。昨日も天麩羅がよく出たから、やはり季節のせいだろうか。それとも玄関口の掲示板に写真入りで出した天せいろの案内が効いているか。恐らくは、手打ちの蕎麦と天麩羅を出して1000円以下というのは、こんな田舎でも安いのではないだろうか。勿論、揚げたて…。

前のお客と入れ替わるように、今度は若いお母様方が大きな車で蕎麦屋で待ち合わせ。一度に駐車場が一杯になったかと思うと、「子どもがいるんですけれどいいですか?」と、玄関を開けて尋ねるから、「いらっしゃいませ、どうぞどうぞ」とテーブル席に椅子を運んで差し上げる。小さなお子様はご遠慮くださいなどと言うお店もあるのだろうか。蕎麦屋はいくら気品があっても、入りやすくなければ宜しくない。ましてや、少子化時代の昨今は子どもは地域の宝なのに。

今日も賑やかなお昼時で、上の子どもたちが幼稚園や小学校に行っている間に、小さな下の子を連れて、お母様たちが集まった様子。皆さん家族が多いから、それぞれ大きな車に乗っているのだと納得がいく。聞けば、亭主の自宅すぐご近所の方もいらっしゃる。いつもと違って若いお客の多いのも、また、賑やかでいい。「今度は家族を連れて来ます」と、言って帰られたお客もいたから、ゆっくりと出来たのか。皆に親しまれるお店というのはやはり追究すべき姿…。

お客の来ない間を見計らって、新しく作ろうと思っている幟や掲示板用のメニューの写真を撮る。天せいろの写真をもっと美味しそうに撮ろうと大研究。もしかすると、夏場の冷やしたぬきに替えて出そうかと思案しているぶっかけ蕎麦は、新しいメニューの広がりを生み出すかも知れないと、いよいよ真剣に考え始める亭主。帰宅してからも書斎のパソコンに向かい、月末の支出一覧を眺めながら、無駄に仕入れている食材を少しずつ整理する計画を練るのでした。

This entry was posted in 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.