紅葉を見た朝…

今朝も昨日にも増して暖かい朝なのです。空は霞んでいるようにも見えましたが、何処までも青い空で気持ちが好い。7 時間の睡眠を取って目覚めた亭主は、朝ドラが終わる時間に家を出て、家の前の通りから向こうの丘の紅葉をながめていました。女将にモミジが紅葉し始めたと言われたドングリ公園のある場所です。歩けば 5分もかからない所なのに、コロナの時期になってからは、夜の防犯パトロール以外にはほとんど通らないのでした。

次のブロックの通りを左に曲がればもうすぐそこなのです。pekoがまだ元気だった頃には、この季節によくあそこまで朝の散歩に出掛けていました。pekoは公園の草むらや土の上が大好きだったから、亭主の心の何処かで思い出したくないと、自然と足が遠のいていたのかも知れません。それでも、真っ赤に染まった紅葉をひと目見たいものだと、今朝は思い切って寄り道をして行くことにしたのです。緩やかな坂を登る途中に入口がある。

女将の言うように、確かに欅やモミジが綺麗に色づいていました。この間、見に来たときにはまだ紅葉していなかったのに、スポーツクラブに行く時にいつもここを通る女将に言わせると、朝の気温が 5℃という日が何にちか続かないと綺麗に赤くならないのだとか。蕎麦屋のモミジがまだ紅葉しないのは、植えてからまだ 7年と月日が浅いからなのだろうか。ドングリ公園はもう出来て40年になるのです。東の入口には銀杏の木もあるのです。

朝日の差し込む木陰に入れば、モミジの赤が一層際立って見えるのです。銀杏の黄色と欅の赤茶色、そしてこのモミジの赤が青空の下で、見事に映えているから見事なのでした。無心でこの錦のような景色に見入っていた亭主。ほんの数分間なのでしょうが、時の経つのも忘れて心を洗われたような思いでいたのです。わざわざ遠い紅葉の名所に出掛けなくても、家から目と鼻の先のこんなに近くで、紅葉を堪能できたのは素晴らしいことです。

この秋一番の思い出になるのかも知れない。自然はすぐそこにあったのです。変化のない毎日に疲れて来た時に、ふと見渡せばこんなにも心を癒やす景色がある。夜になって女将に「好い写真が撮れたよ」話をすれば、「好かったわ。ちょうど綺麗になった時で」と喜んでいました。花や自然を眺めるのが好きな彼女は、元来がアウトドア派の亭主と違って近所の季節ごとに推移する景色をよく知っているのです。今は亭主も眺めるだけの生活。

定休日前の今日は蕎麦を最低限打って、10食以下の用意で開店に臨んだのでした。今の時期は、二日続けて混むことはまずないし、先週の月曜日はお客は一人もいなかった。それでも、蕎麦打ちには気合いが入るから、今朝も室温 17℃、湿度 56%の蕎麦打ち室で、加水は42%強。ところがやはり少し硬めの生地の仕上がりだったから、そろそろ43%にした方が好いのかも知れないと思うのでした。切りべらは26本で135gの仕上がりです。

昨日、ご飯がすべて売れてしまったから、滅多にないことだけれど月曜日の今朝は、珍しく米を研いで炊飯器にかけたのです。そして、今日も金柑大福を四皿分だけ包んでおく。野菜サラダはいつもの通り二皿だけ盛り付けておきます。昨日よりも更に暖かくて空も真っ青な日だから、どれだけお客が来てくれるだろうと楽しみにして暖簾を出すのでした。昼前にお袋様の住むマンション街から、常連の男性がバス通りを歩いて来るのが見えた。

これが今日の始まりかと元気を出して調理を始めた亭主。でも、それで今日は終わり。「月曜日にやっているのが好いわ」と近所のご婦人たちが集まった頃が懐かしい。今はやはりコロナの影響なのか、土日に出掛けるから次の日はお休みなのか。集会所やコミセンなどの活動も始まったと聞くけれど、今年いっぱいは止めようという人も多いのだとか。早めに店を閉めたから、今日は荷物を取りに来てくれた女将と一緒に家に帰るのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.