晴れて更に暖かいから蕎麦日和…

今朝は寒かったけれど青空が広がって、昼の暖かさを期待できそうなのでした。寒い朝が続いたから、蕎麦屋の向かいの森も紅葉が始まっている様子。家の向かいの丘にあるドングリ公園のモミジもやっと紅葉してきたと女将が言っていた。家の近所でも蕎麦屋以外は歩いて出掛けなくなったから、亭主の行動範囲はごく限られているのがちょっと悲しいか。蕎麦屋に着いて朝の仕事を終え、糠床を取り出してお新香を切り分けて鉢に盛る。

今週はお新香用に仕入れた分の胡瓜も茄子も蕪もこれで終わりです。明日一日の営業があるけれど、なた漬けと筑前煮とインゲンがまだ残っているから、何とかなりそうなのでした。五日分の仕入れで、ぴったり食材がなくなるということはあり得ないのですが、コロナでお客の減っているこの時期は特に、なんとか間に合わせて終わらせたいもの。足らなくなれば買い出しに出掛けるだけなのだけれど、いつも余分に仕入れすぎて余るのです。

蕎麦打ち室が13℃を越えたら、今朝の蕎麦を打ち始める。湿度は50%を越えていたから加水は42%。菊練りを終えて蕎麦玉をでっち上げたら、ビニール袋に入れてしばらく寝かせて置く。厨房に戻って捏ね鉢を洗い、一休みして新しい葱を刻んでいたら、「お早うございます」と言って女将が玄関の扉を開ける。昨日の葱はタッパに入れて家に持ち帰ってもらうのです。外はまだ寒いらしいけれど、雲もなく陽射しがあるから暖かくなる。

最近は加水に大きな間違いがないので、伸して畳んだ生地はリズミカルに包丁打ちが出来る。今朝も切りべら26本で 135g 。昨日の蕎麦と合わせて15食を用意したから、まさか昼で終わることはないと思うのでした。足らなければ夕刻にまた追い打ちをかけるだけなのです。そうした段取りがしっかり頭に入っていれば、余計な心配はしなくて好い。それが長い経験から学ぶということなのかも知れない。今日は一年振りで金柑大福を包んだ。

金柑の甘露煮を煮詰めて、大手亡豆を煮て濾すまでは人知れぬ大変な労力なのだけれど、晴れの舞台で大福を包むのは楽しい。今日は開店間もなくいらっした家のご近所の老夫婦がお土産にと二つ持って帰り、最後の頃にいらっした女将の友人がまた二つ持って帰って完売なのでした。常連さんは季節のデザートをよくご存じだから抜かりがないのです。カウンターに座っていた男性客が、「僕も欲しいんですけれど」と言った時には売り切れ。

昼を過ぎたところで、トラックやライトバンに乗った昼の休みらしい男性客たちが続けていらっして、次々と丼物とせいろ蕎麦のセットを注文するのです。親子丼セットに天丼セットと四つも一度に出ることは滅多にないから、女将は味噌汁を作り足していました。皆さん風体からして身体を使う仕事らしいから、しっかりとご飯を食べて蕎麦を啜る。一人分しかご飯がなくなったけれど、これも最後に来たお客が天丼セットのご注文で終わり。

珍しくご飯が完売なのでした。駅前のマンションから歩いていらっしたと言う恰幅の好い若い男性客は、カウンターに座るなり豚のハラミと鶏団子の串焼きを二本ずつ注文して、ライムサワーを頼まれる。蕎麦豆腐も追加で、最後に天せいろの大盛りにキスの天麩羅と、大変な食欲なのでした。閉店前に若いカップルがご来店で、暖かい昼はまさに蕎麦日和という感じ。夕刻にスポーツクラブのある女将は早々と暖簾をしまうから可笑しい。

残りの蕎麦は僅かしかなかったけれど、追い打ちはかけずに家でひと眠りした亭主。昼の混みようで疲れたのか、1 時間ほどグッスリと眠ってしまいました。コロナの時期は夜は滅多にお客がないから、今日は蕎麦徳利がすべて空になったので、昨日作った蕎麦汁を徳利に詰めて明日の用意をしておく。明日は最終日だけれどご飯を炊かなければいけない。早めに店を閉めて女将の帰る時間に帰宅。夜は亭主が肉韮炒めを作って串焼きで一献。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.