今日も晴れて暖かな陽射しが…

今日は日に三度も蕎麦屋に出掛けた亭主。昨日は車検から帰ってきた愛車を取りにディーラーへ出掛けたりしていたものだから、つい夕刻にお新香を漬けるのを忘れて、二日目になる前日の漬け物を家に持ち帰らなかったのです。それで朝飯前に古いお新香を取りに蕎麦屋まで歩いたから、ちょっとした散歩気分。朝の 7 時前だとちょうど朝日が昇る時間なのでした。随分と日の出が遅くなったのです。今日も雲一つない青空になりそうな天気。

朝食を終えて今度はいつもの時間に蕎麦屋に出掛ける亭主。庭の金柑が何時の間にか黄色く色づいてきているから、季節の移り変わりにもついて行けなくなっているのか。小さな雀が金柑の枝で鳴いているから、もう実を狙ってやって来ているのかも知れない。ちょっとまだ早すぎるのに。今年は道路に面した側の枝を随分と剪定したから、朝日の当たる側だけにやけに大きな実がなっている。また、鳥たちと女将の戦いが始まるのでしょうか。

夕べお新香を漬けなかった分、今朝は茄子と胡瓜と蕪と人参を、薄めに切って浅漬けで漬けておく。ぬか漬けほど味わいがないのが残念だけれど、なた漬けと筑前煮もあるから、使い分けるしかない。蕎麦打ち室も朝来たときに店の暖房を入れておいたから、室温17℃で湿度は46%。42%の加水で蕎麦粉を捏ね始めたら、ちょっと硬めなのでしたが、綺麗に畳んで、切りべら26本で 135gの束が出来ました。昨日の蕎麦と合わせて16食を用意。

野菜サラダは週末だからと三皿を盛り付けておきました。今日はカレー蕎麦が大盛りと普通と二つも出て、ヘルシーランチセットも出たので、売り切れたから嬉しい。蕎麦屋の裏手の親父様が、今日は一人でやって来てカウンターに座ったかと思えば、まずはハラミの串焼きとビールをご注文。蕎麦豆腐を追加で頼んで二本目のビールを飲み、天麩羅の盛り合わせで三本目。「働いているとビールが旨いね」と聴けば亭主と一つ違いなのでした。

話をしているうちに、大きな車で五人のご家族連れがご来店で、小さな子供はせいろ蕎麦で、大人たちはビールと運転手はノンアルビール。そして、鍋焼きうどんにカレー蕎麦、天麩羅蕎麦と暖かい日なのに皆さん温かい蕎麦とうどん。最初に子ども達に蕎麦を出したから、早く食べ終わって大騒ぎなのでした。カルピスとお菓子を出すのが少し遅かった。天麩羅を揚げて、カレーの汁を暖め、うどんを茹でるから、厨房も大忙しなのでした。

それでも、調理する側はいろいろな料理を次々に出すのが楽しい。これがアラカルトのメニューの醍醐味かも知れない。今日から、マスクの代わりに、届いたばかりのフェースシールドを使ったのですが、呼吸がしやすくて随分と楽なのです。味見をするときと、吹きこぼれそうな蕎麦湯にふーっと息を吹く時などは不便を感じる。何事も慣れなのでしょうが、新型コロナの感染が拡大している現状では、お客が来てくださるだけでも有り難い。

家に戻って遅い昼食にと女将が餅を焼いてくれました。パソコンに売り上げと写真のデータを入力して、30分ほど横になって眠ったのか、なかなか起き上がれなくて苦しんだ。女将はその間に買い物に出掛け、亭主よりも元気なのです。珈琲を入れて飲みながら、夜の仕込みの段取りを考えている亭主。4 時前には家を出て、今日三回目の蕎麦屋詣で。昼の洗い物を片付けながら、大釜に水を汲み、開店前に終わる仕事から始めるのでした。

まだ値の高かった宮崎産の金柑の実を半分に切って、一つ一つ竹串で種を取ったら、酢水で煮立てて氷糖蜜で煮詰めていく。その間に皮を剥いた大手亡豆を柔らかくなるまで煮込んで、濾し網で漉していくのです。これが力の要るひと仕事。次に出汁取りの鍋を煮立てながら、隣の火口で濾した大手亡豆を硬くなるまで煮詰めていく。蕎麦汁と天つゆを仕込んで洗い物を終える頃にはもう 6時を回っていました。夜のお客がなくて好かったかな。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.