暖かな日でしたが感染拡大の影響か…

今朝は昨日の朝よりも随分と暖かでした。空も青く晴れ渡って、気持ちが好いねと女将と話をする。「これなら天気予報も外れないわね」と言うものだから、亭主もその気になって今日はお客が昨日よりも多いのではないかと思い込んでしまう。朝ドラの始まる前に蕎麦屋に出掛けて、朝の仕事と昨日の洗い物の片付けを済ませる。お新香を盛り付けて、蕎麦汁を蕎麦徳利に詰め、豚のハラミを串刺しにしてから、蕎麦打ち室に向かうのでした。

前にも書いたけれど、豚のハラミは、6本分で原価1,000円ほど。県内産の豚で肉の質が好いので気に入ってはいるのです。しかし、原価一本170円の串焼きを150円で出していたのでは、到底、儲かるはずもない。送料を含めるととんでもない赤字になっている。だからもう止めようと思ったのですが、その後も、性懲りもなくカシラやテッポウを含めて仕入れているから、やはり値段を200円に上げても、旨い物をお客に出してやりたいのです。

まだ、お客の注文がないので、残った串刺しの肉は、家に持ち帰って亭主の酒の肴になっている。それがいつも旨いものだから、こここの業者は信頼が置けると思うようになったのです。あの店に行けば美味しい蕎麦が食べられるというのが、中心のアピールポイントだとすれば、あの店に行けば旨い串焼きが食べられるというのも、また違った意味でのインパクトがあったりしないか。特に一緒に酒やビールが出れば営業的にも好いのです。

今朝の蕎麦打ちは、室温 15℃、湿度 50%で加水は42%。このところ滅多に勘が外れないので、今日も綺麗な生地の仕上がりで、切りべら26本で 140g弱。ちょっと量が多すぎるから、これからは、切りべらを 25本にして 135gに収めるようにしようと考える。昨日急いで追い打ちをかけた蕎麦が 140g前後だったから、今日はそれに合わせて打ったつもりです。昨日の蕎麦と合わせて14食を用意して、厨房に戻る。抹茶きな粉大福は六皿用意。

蕎麦豆腐も残り二皿だったから、朝のうちに作り足して 6人分も用意したのでした。これらは明日も使えるから問題がないけれど、野菜サラダだけは、今日一日限りの品物だから二皿だけ盛り付けて、予備に刻んだ野菜をストックしておきました。天麩羅の具材を調理台に並べて、天麩羅鍋に油を入れて天つゆの鍋も暖めておく。さあ、今日はどんなお客が来てくれるだろうかと、期待に胸を膨らませて暖簾を出すのです。外は晴れて暖かです。

ところが、こんな蕎麦日和の陽気なのに、昼を過ぎても一向にお客は現れないのです。やはり、昨日の過去最高の新型コロナの感染者が出たというニュースが効いているのか、千葉県もこのところどんどん感染者の数が増えている。前にも同じような事があったから、少しは外食も控えようという人が多いのかも知れません。そう言えば今日はこの天気なのに、散歩で歩いている人もいないのです。この時期は、二日続けてお客の多い日がない。

まさかの展開に意気消沈していたところに、隣町の常連さんが車を乗り付けていらっしたのです。辛味大根のおろし蕎麦と野菜サラダのご注文。辛いのを我慢しているから、汗を流しながら蕎麦を啜る。他にお客もいないから、ゆっくりと話をされていくのでした。ノートパソコンを携えてテーブルに広げた常連さんは、カレー蕎麦の大盛りのご注文。常連さんの県会議員さんは天せいろと辛味大根で、今日は男性の一人客ばかりなのでした。

それでも昨日ほどのお客は来なかった。お客が少なかったから早めに片付けを終えて、みずき通りを渡る頃にも、空はどこまでも青く暖かな午後なのです。今日は車検に出した車が帰ってくる日だったから、早めにディーラーに取りに出掛ける。代車の最新の軽自動車にも飽きてきたところだったから、懐かしい愛車が戻って嬉しかった。夜はまたプールでひと泳ぎ。寒くなったからか随分と空いていたけれど、居酒屋レストランは満席でした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 経営, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.